迷った時は

僕ももうそろそろ20年選手になろうとしている。


トレーナーを夢見る世間知らずな愚か者も、詰みかけたりしながらも、20年の月日を経てこうして今に至っている。


振り返れば、20歳の頃地元のメガロスでバイトし始めたのがこの道に入るきっかけだった。


今年で僕は40歳になってしまうので、もうあれから20年。


20歳の若者の人生を二回生きる事ができる年齢なのかと思うと、ちょっと感慨深い…


当時、NHKニュース解説員室の電話番アルバイトとメガロスを掛け持ちしながら、どういう業界に進むのが自分の人生なのか悩んだものだったし、就職活動の時も証券会社に就職するのか、ルネサンスに就職するのか迷ったものだった。


普通に考えたら証券会社だろ。と、今でも思うが、当時の僕は「トレーナー」という響きになぜか抗い難い魅力を感じてしまっていた。なぜなのか、それは今でも分からない。