理論と感情

僕は、「なぜこうなったのか?」を考えるのが好きだ。


生物の形だけでなく、車の形や、コップの形、瓶の形、テーブルの形、椅子の形、建物の形、時計の部品の形、テントの形、クツの形、ナイフの形、…


なんでこの形なんだろう?と考えるのが楽しい。


そこには力学的な理由もあれば感覚的な理由もある。


以前、京都にいる時にいろいろな事を学ばせてもらった経営者の方に「チカちゃん(僕は彼にそう呼ばれていた)、仕事は理論と感情の釣り合いが大切なんや」と繰り返し言われたが、仕事だけでなく、全ての事が理と情で形成されると今は理解している。


身体の形、顔の形、姿勢、運動、それらは全て外的要因から来る「理」と、内的要因から来る「情」に決定される。


オランウータンのオスは、喧嘩に勝って「俺が強い」と思えば顔にフランジという突起が発生する。力学的な「理」はそこにはない。


ただ「俺は強い」という情だけがフランジの発生要因だ。


情は、構造を変えるだけの強さを持っている。


物事の「形」を考える時、そこに働く「理と情」を思うと、少し深い部分が見えてくるような気がする。


最新記事

すべて表示

仮説の立た方には、大きく分けて二つある。 それは帰納(きのう)か演繹(えんえき)である。 もうこの時点でページを閉じようとする人も多いだろう。 だが、私達トレーナー、セラピストの仕事のコアは基本的に仮説の立案とその検証にあるので、ページを閉じたくなるような人は他人の健康に関わる仕事はしない方が良いだろう。論理的思考ができない人にこの仕事は務まらない。 仮説がちゃんと立てられるだけで、仕事の95%は

また熱が出たので2月以来のコロナかと思いきや、いつまで経っても陰性なので違うらしい。 一種の過労? 気付けば4月から1日も休まず働いて運動して勉強してたので、少し疲れてたのかも知れない。 もう今年で42歳だから、衰えてんのかな。 「364日働いた話」というブログでも書いたけど、僕は働き続ける事に対して感受性が低い方だと思う。桜上水に初めて整骨院を出した時も、一年近く休まず働いていた。 去年でさえも

核の部分の発信情報が全てパクリで成り立っているセミナー団体やオンラインコミュニティが存在するらしい。 MoveFree!も資料やワークが結構パクられているというのは会員の方からも聞いたりする。 もう10年やっているし、300人近くも会員の方がいるので、そういう話は僕のところに当然回ってくる。 昔はうわ〜嫌だなぁ…とかガチ目に思っていたけれど、最近はパクリビジネスをする人ってなんか可哀想だなぁ…と思