理論と感情

僕は、「なぜこうなったのか?」を考えるのが好きだ。


生物の形だけでなく、車の形や、コップの形、瓶の形、テーブルの形、椅子の形、建物の形、時計の部品の形、テントの形、クツの形、ナイフの形、…


なんでこの形なんだろう?と考えるのが楽しい。


そこには力学的な理由もあれば感覚的な理由もある。


以前、京都にいる時にいろいろな事を学ばせてもらった経営者の方に「チカちゃん(僕は彼にそう呼ばれていた)、仕事は理論と感情の釣り合いが大切なんや」と繰り返し言われたが、仕事だけでなく、全ての事が理と情で形成されると今は理解している。


身体の形、顔の形、姿勢、運動、それらは全て外的要因から来る「理」と、内的要因から来る「情」に決定される。


オランウータンのオスは、喧嘩に勝って「俺が強い」と思えば顔にフランジという突起が発生する。力学的な「理」はそこにはない。


ただ「俺は強い」という情だけがフランジの発生要因だ。


情は、構造を変えるだけの強さを持っている。


物事の「形」を考える時、そこに働く「理と情」を思うと、少し深い部分が見えてくるような気がする。


最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや