有名な選手やチームを広告塔にできなくなった話

僕は自分がサポートしていた選手やチームを広告塔として使った事がない。


知り合いには変なプライド捨てて使えば良いのに、と言われたりする。まあそうだよな…お互いメリットがある形にすればいいだけだよな、と思う一方で、やっぱりそれはできない自分がいる。


そうしないのは、別にプライドがある訳じゃないし、そこに何か美学を見い出している訳でもない。


でも一つだけ、理由がある。今回はそんな話。


「太陽の塔の内壁には無数の無名な人々の顔写真が飾られている」という話を聞いた事があるだろうか?


太陽の塔って大阪の千里にある、風車みたいな太陽の、あの変な塔だ。


あれを作ったのは岡本太郎さんという芸術家で、僕はその作品に不思議な情熱を感じるのでかなり好きだ。


その岡本太郎さんが、なぜ太陽の塔の内壁を世界中の人達の顔で飾ったのか?


太陽は言わば世界の主役だが、その世界には無数の「無名」な人々がそれぞれの人生の主役として、それぞれの人生を生きている。


だから、世界の主役である太陽の塔の内側は世界中の無名な人々の顔で埋め尽くしたい。


そんな想いがあったという。


それを聞いた時、強烈に感動すると同時に、何かすごく、納得した。


自分が関わる人達、有名人だからと言ってそのサインや写真を店内に飾ったりして、いいのか?今日来たお婆さん、有名ではないけれど毎日練習を頑張る高校生、子育てに追われるお母さん、全然有名じゃないアスリート、そんな人達と有名人の何が違うのか?


それぞれが、それぞれの毎日を懸命に生きている…提供するものだって、有名だろうが無名だろうが、何も変わらないじゃないか…


その話を聞いて以来、僕は「有名人に関わっている俺ブランディング」ができなくなってしまった。


初めて桜上水で整骨院を出した時、最初は知り合いの選手がほとんどで、新規の来院が少なくて苦労した。何度壁にサインを書いてもらおうか、SNSで写真をアップしてもらおうかと思ったか知れない。


でも、そうしようとするといつも頭の中で岡本太郎さんの話がこだまして、太陽の塔のあの変な顔が浮かんできて、結局いつもそういうお願いをする言葉を飲み込んだ。


今となっては、それで良かったと思っている。そのおかげで、外にある何かに頼らずに前に進む術を学ぶ事ができたから。


最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや