top of page

その一歩が道となり

この道を行けばどうなるものか

危ぶむなかれ

危ぶめば道はない

踏み出せば

その一歩が道となり

その一歩が道となる

迷わず行けよ

行けば分かるさ


人生の様々な岐路で、僕はこの言葉を思い出す。高校の時、プロレス好きなラグビー部の同期に聞いて以来、この言葉は僕の心に刺さり続けている。


原典は清沢哲夫さんの「道」で、アントニオ猪木さん曰く一休宗純の言葉である。


新しい何かを始める時、誰でも悩む。どれだけ成功体験があっても、失敗する事への恐怖は必ず存在する。だからこそ死力を尽くして歩むんだけれど、最初の一歩を踏み出す時のあの気持ち、やはり怖いものだ。


社会的にはどう考えても失敗に終わるかも知れないが自分が1人の人間としてコレをやりたい、やらなければいけないと思ってしまうような事って、あるでしょう?


例えば中年になってもう一回大学院に行こうとか、海外に行こうとか、安定を捨てて心の声が示す道に行こうとか、全く未知な領域に飛び込むとか、新しい事業を始めようとか、捨身で人を助けるとか、裏切った人を許す時とか…


そんな時、僕は猪木さんの声で「道」を脳内再生して無限リピートする。


成功か失敗か、そんな瑣末な事を超えて1人の人間として「道」を行った先でしか見えないものを、自分の身体で感じたい。


行かなければ見えない景色や、感じる事ができない何かがある。それを体感しなければ成長はない。でも、怖くて行けない。


そんな矛盾に、何度となく出会うのが人生だ。 


でも、その矛盾を打ち破り進まないと先はない。一生変わる事はない。停滞しかないのだ。


そんな矛盾、葛藤、苦悩を、「道」の言葉は何度も破壊してくれた。


様々な偉人の言葉や思想に影響を受けてきた僕だが、率直に言って一番勇気をもらったのは、「道」の言葉なんだ。


その猪木さんが、亡くなった。


勇気をくれた猪木さんの冥福を祈りながら、自分だけの道を作る一歩を踏み出して行こうと思う。


迷わず行けよ。行けば分かるさ。

こんなにカッコ良い言葉は、ない。

最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

bottom of page