スクリーンショット 2022-09-12 12.13.14.png
 Strength

 競技におけるストレングスの役割は、多岐に渡る。測定・フィジカルテストの策定から基礎的な筋量・筋力・パワーの増大、競技特異的トレーニングの作成、獲得した筋機能とパフォーマンスの連結、それぞれの強度設定、カテゴリーや競技種目に応じたピリオダイゼーション・・

1RMを増大させるだけでは、競技におけるストレングスの役割を果たす事はできない。

本プログラムでは、測定・フィジカルテストの策定・獲得した筋機能とパフォーマンスの連結、そしてプログラム作成・ピリオダイゼーションについて、様々な競技でのストレングスサポート経験を踏まえ共有します。

<コンテンツ>

測定・フィジカルテストの策定 (スクリーニング、テスト、アセスメント)

 

・筋量を増加させるためのトレーニングとその考え方 (ウェイトトレーニング、自体重)

・筋力、パワーを向上 させる様々な種目 (クイックリフト、自重によるパワー発揮)

 

・ファンクショナルトレーニングを再考する (多様な方向への力発揮)

 

・競技特異的トレーニングの作成 (エネルギー代謝、動作から)

 

・筋機能とパフォーマンスの連結 (身体コントロール、認知的タスク)

 

・プログラム作成・ピリオダイゼーション

 

​※全課程オンラインアーカイブ 10月1日開講

​※全課程修了者はMoveFree!STRENGTHを付与

<受講方法>

下記支払いフォームより受講料をお支払い下さい。

​※定員6名

一般¥24,200一般¥22,000(5名限定)/正会員¥13,200