トレーナーやセラピストの仕事をしていると、必ず「左右差」という概念に出会う。身体の左右差は多くの場合、歪みとして捉えられ痛みの原因や傷害可能性として「修正」の対象になる。

 

スポーツの現場においても身体の左右差は様々な解釈が行われ、トレーナーやセラピズトの個人的な経験則や選手自身の感覚によって処理されてきた。

 

身体の左右差は、修正するべきものなのだろうか?本項では、その本質的な意義を左右の発生や脳機能の左右差、身体運動の左右差から紐解いていく。

身体機能の左右差

¥3,300価格