育成年代における運動経験は、青年期における競技力だけでなく生涯を通じ健康や幸福の基盤となる。

 

運動経験から得られるものは、自己受容・自己効力感、自立性、能動性など、生の根源的な力になっている。

育成年代に関わる指導者は運動の多様性と競技特異性のバランス、発達学、感覚の統合、脳機能の成長、性差、心理学など、長期的かつ包括的観点を持って子供達をサポートする必要がある。

本プログラムでは、育成年代(3-18歳)を対象に、包括的サポートの提供に必須となるトレーナーとしての知識・技術・指導法等について共有する。

Basic

<コンテンツ>

・育成年代の指導者に求められる指導哲学

・育成年代の発達学

・脳と発達

・運動から得られる自己受容、効力感

・運動能力を形成する身体経験​

・育成年代における感覚の発達と統合的トレーニング

・運動の多様性と競技特異性のバランスを考慮したトレーニングプログラム

・巧緻性を向上させる

・育成年代指導のための発達心理学

・育成年代における性差

・多様な感覚と運動を経験する

・勝敗、成功、成長をどう捉えるか

​・認定課題

※アーカイブ受講

Advance

<コンテンツ>

・育成年代における感覚の発達と統合的トレーニングの作成

・運動多様性増大のためのプログラム作成

・競技特異性を考慮したトレーニングプログラムの作成

・巧緻性向上のためのプログラム作成

・育成年代指導のための心理学演習

・Basic 養成演習

・認定試験

※Basic養成指導者の認定を目的として実施する

※育成年代指導のための心理学演習、Basic養成演習のみ現地または対面オンライン

​   その他はアーカイブ受講および課題提出

<受講料>

Basic

一般¥22,000→先着5名¥18,000/会員¥11,000→先着5名¥9,900

 

Basic・Advanceセット

一般¥39,600→先着5名¥33,000/会員¥22,000→先着5名¥19,800

<受講方法>

11/1開講

下記から受講料をお支払い下さい。受講ページのURLを送付致します。