​疼痛抑制からインストゥルメント、カッピング、スキンリリース等、様々な手技の理論と実践についてエコー画像を交えながらまとめています。手技を学びたい全ての人へ。

 

<目次>

手技は「何のため」のものだろう

手技を行う根本的な意味

脳内のマッピングを変える

ゴンドラのネコ

手技の分類

痛みの抑制/コントロール

「痛み」とは何か

痛みの分類

急性痛とは/亜急性痛とは/慢性痛とは

痛みの抑制機構

痛みを抑制する手技

①急性痛への手技

手技の強さの決定〜神経学的知見から

皮膚に存在する6つの受容器

触覚の重要性

顔面・頭頸部筋群への手技

胸椎・腰椎への手技

急性痛への手技まとめ

②亜急性痛への手技

・Post Isometric Relaxation/Positional Release

・侵害刺激誘発性鎮痛

・反復収縮

・Transverse friction massage

・Vertical Pressure

・Instrument assisted soft-tissue mobilization

・カッピング

・Skin release

実験①関節運動とskin motionの関連

―デジタル画像相関法を用いた足関節背屈にともなう足周囲の3次元skin motionの観察―

実験②関節運動とskin motionの関連(第二報)

―デジタル画像相関法を用いた膝関節屈曲にともなう膝周囲の3次元skin motionの観察―

実験③関節運動とskin motionの関連

―足関節周囲の皮膚の伸張制限と足関節背屈可動域について―

実験④関節運動とskin motionの関連

―膝関節周囲の皮膚の伸張制限と膝関節屈曲可動域について―

Skin releaseの実践

亜急性痛への手技〜まとめ

③慢性疼痛への手技

侵害受容性慢性痛への手技/神経障害性慢性痛への手技

非器質性慢性痛への手技

まとめに

​​

※本テキストは容量の関係でZIP形式でダウンロードされます。

​スマートフォンで閲覧する場合にはZIP解凍のためのアプリが必要となる場合があります。

※スマートフォン、タブレットでのPDF埋め込み動画再生には"ezPDF Reader"のダウンロードが必要になります。

​※PCでの動画の再生にはAcrobat Reader9以降が必要です。

Manual Therapy Handbook

¥4,500価格