分断

閉塞感が日に日に増すなかで、狭いコミュニティ内で批判や攻撃、分断が頻発している。


哺乳類というのは群をなす事で他者の攻撃からの希釈性を高め、個人が生き延びる可能性を高めてきた。それは一方で、群のなかで仲間外れを見つけ、それを弾き出す事で集団としての統制を高め、群の均一性を高める事にもつながっている。


悲しい事に群というのは、仲間外れを見つけると嬉しくなってしまう。それを排除すれば群の均一性が高まり、生き延びる可能性が高まるからだ。


しかし、ある程度安定した環境であれば群の均一化は生存戦略として効果を発揮するが、酸素濃度が極端に低下するとか、大干魃が発生するといった著しい環境転換が発生した時には、性質が均一な群は容易く全滅してしまう。


緊急事を生き延びるには、突然変異や遺伝子損傷など、アクシデンタルな多様化が必要とされてきた。


もし、自分が他者と異なった性質を持っている事に気付いても、恐れる必要はない。それは必要な多様性で、可能性だ。同時に、みんなと違う性質を持つ他者を見つけても、恐れを抱き攻撃する必要は全くない。バリエーションの豊富さは、可能性や選択肢を増やす契機になる。


例えば左右の手のシワが全く均一だったら、摩擦が生まれず物を掴みにくい。左右が違うからこそ、効果を発揮できる。


こういう状況だからこそ、何を大切にして、どう生きるのか考え抜く必要があるし、他者のそれをまた、尊重する必要がある。


互いを攻撃するのは不安の裏返しである一方で、互いを容認し許容するのは希望を生かす道だ。


後者の道だけが、未来に続いている。

2020年4月


最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや