サバイブ

更新日:6月22日

2020年が始まる時、こんな状況になるなんて一瞬も想像しなかった。


今までの人生で何度か「詰んだ」と思った事があった。それは全て僕自身のダラシナさや狭小な価値観による頑固さに起因する「人災」であったので、痛い目に会うとか自身が成長するとか、ただ運が良かったとか、そういった事で乗り切る事が出来た。


しかし、今回は違う。自分が成長すれば乗り切れるとか、小手先のビジネス戦略を弄すれば良いとか、そういう「個人の裁量」を超えたところに原因が顕在している。


でも、だからこそ、今、正に社会と時代に試されていると、僕は思う。


「コロナが原因」と言えば全て収まるところで、いかに「雨が降っても自分のせい」と思えるか。


「生き延びる」とは、いかに他責にせず状況を打ち破るかにかかっている。


横隔膜ができたキッカケを、当会員の皆様は知っているだろう。火山が大規模爆発し、酸素濃度が急減した時、生物は誰かのせいにしただろうか?


言葉を持たない彼らは、集団的自衛も行えない中、個体個体が訪れた状況に立ち向かったのではないか?火山が爆発した事を、誰のせいにも出来ない中で、種の存続をかけて「生き延びたい」という渇望に基づく試行錯誤、すなわち「進化への挑戦」で生き延びたのではないか?


今、生物が何度も課されてきた試練を我々人間という高等生物は課されている。


誰かのせいにするのではなく、限られた可能性の中において自己を変化させ、挑戦し、希望を抱き続ける。一にも二にも、自分を生かし次に繋ぐためにサバイブし、希望を繋ぐ。それが、生物がやってきた事なんだよな〜と、改めて思う。


今、ハッキリ言ってビジネス面では過去最大級の危機を迎えているし、あと何ヶ月延命できるかといった瀬戸際にある。しかし、そうした「生物が挑戦してきた危機」を乗り越えるチャンスに直面しているのは本当に千載一遇の有難い事なんだよな〜と思う。


希望を捨てず、創造力を駆使してこの局面に立ち向かいたい。その挙げ句、死んでもそれは仕方ない。その姿を見て、若い人達が「あれだとダメか…」と思えればそれでいいし、乗り越えて「こうすればいいんだよ」と伝える事が出来れば幸い。


人事を尽くして天命を待てば、悪い事はない。


先は見えない。だから見なくていい。「今」を恥も外聞もなく、僕は生き延びたいと思っている。

2020年4月

最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや