100日後に死なずに働き続ける社畜

また熱が出たので2月以来のコロナかと思いきや、いつまで経っても陰性なので違うらしい。


一種の過労?


気付けば4月から1日も休まず働いて運動して勉強してたので、少し疲れてたのかも知れない。


もう今年で42歳だから、衰えてんのかな。


「364日働いた話」というブログでも書いたけど、僕は働き続ける事に対して感受性が低い方だと思う。桜上水に初めて整骨院を出した時も、一年近く休まず働いていた。


去年でさえも、10ヶ月休みなしで働き続けていた。


自営業は泳ぎ続けないと死ぬマグロ、100日後も死なずに働き続けるワニ。究極のセルフ社畜だ。


独立したら自分の好きな時に休める、なんてのは幻想でしかなくて、ひたすら社会から退場しないように世界一のセルフ社畜ぶりを発揮し働き続ける必要がある。


社畜が嫌で独立を目指す若者は、考え直した方がいい。実際は独立こそが最短の社畜への道。しかもセルフ社畜というエクストリームなタイプの社畜への道まっしぐらなのだ。


でも自由か自由じゃないかで言えば、自由だ。

やりたい事を自由に追究するには、独立開業が最短の道だ。


当然その「やりたい事」は、膨大な知識・技術・実践・実務・経験・思考の蓄積に裏付けられる必要がある。


そして、その膨大な裏付けから削り出された「やりたい事」を、どうやって人や社会の役に立つ形にして還元するかさえ明確になれば、その頃には休みたいとさえ思わなくなるだろう。


むしろその頃には、やりたい事が多すぎて働きたくて仕方ねぇ〜これをやらなきゃ死にきれねぇ〜ワークライフイコールは当たり前〜…という極限のセルフ社畜が完成しているはずだ。


究極のセルフ社畜は、遊んでいる時も酒を飲んでいる時も、自分の子供が初めて二足歩行した時も、例えコンビニでエロ本を立ち読みしている時でさえも、全てを自分の「やりたい事」すなわち仕事に関連させて考える。


そうした前人未到の絶海の最果てに立つセルフ社畜になった時、きっと君は思うはずだ。


生まれて良かったわ、自由ってこういう事だわ、と。


え?明日からインターハイ出発?

夏休みって、ないの…?


最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや