top of page

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。


でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。


なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうしている、と言うか興味が四方八方に分散してしまうので、気付いたら結果的にそうなってしまった。


だけれど、結果的にそれが自分なりの「ヒト」の定義に大きな影響を与えているような気がする。


それぞれの専門によって、当然「ヒトの動き」を見る視点が違う。例えば服飾であれば、動きを妨げないようにどうやったら立体的に、かつスタイリッシュに「ヒト」が見えるか…という事を考えるし、空間であればどうやったら「ヒト」に違和感を抱かさずに自然な動きを引き出すか(アフォーダンス)を考えるし、カメラマンだったらどうやって「ヒト」と空間を美しく関わらせるかを考える…のように、「生きたヒト」を主役に様々な表現を展開している。


トレーナーやセラピストという仕事をしている私達の「ヒト」の捉え方はどうだろうか?


どこかでヒトを部品の集合体のように捉えてしまう傾向があったりするのではないだろうか?収縮と伸張のバランスでのみ成り立つ無機物のように捉えてしまう感性があったりしないだろうか?


かつて自分がそうだった。


様々な表現に携わる人に触れるうちに、自分が固執していたヒトについてのバイアスが緩和されて、少し自由になれたような気がする。


そうすると知りたい事の幅も広がって、同時に「ヒト」の捉え方も拡がり、いわゆる「引き出し」の数も、引き出しの本体になっている机の部分も少し大きくなったような気がする。


いまのところ僕は中年なのに心理学の学部生なのだけれど、もし無事に卒業できたら次は芸術学に進みたいと思っている。


環境が感覚や認知を生み出すならば、その環境をいかにデザインするのか?は結構重要なんじゃないだろうか?


いろいろな施設作りで関わった建築デザイナーの方達の「ヒト」の捉え方は、本当に「生きたヒト」に根差していたように思う。


何かそういう感性を自分の中にも発生させたい。



最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

身体の自由さ

ヒトは本来、身体が持つ運動の自由度を用いて環境に適応し、社会を変革してきた。 システムやパターン、方法論に私達の持つ身体の自由を押し込めるのではなく、より一層解放していく事こそが、身体に関わる人間の仕事であるはずだ。 システムやパターン、方法論に人間の身体や運動が従属するものであってはならない。 身体を、もっと自由に。 そういう信念があっても良いと思う。

bottom of page