運命の出会い

2年位前に今住んでいる所に引っ越した。


セミナーや遊びに来てくれた方、オンラインの会員の方は見た事があるかも知れないけれど、都内にも関わらずどこの田舎だココは…と言いたくなるような所だ。


たまたま立ち寄った不動産屋さんに「あなたが好きそうな物件売ってるよ〜山の中みたいなとこで800坪あって手入れ大変だけど見てみる?」と言われ、見た瞬間稲妻が落ちたくらい衝撃を受けて即決した。


コロナ真っ盛りで先が見えない時だったけれど、適度にバカで勢いがあるし、僕は自然に触れていないと発狂して奇行に走り出すし、ちょうど自然の中の家を探し始めた矢先だったし、ココとの出会いは運命だったんだと思う。


あんまり人に言った事はないんだけど、15年近く前花田学園に通っていた頃、1人ヘッドライトをつけて房総半島かどっかの山を深夜に徘徊して自活していたら、山の持ち主に警察に突き出されそうになった事がある。


今思えば普通に異常な気もするけど、その時はなぜかどうしてもやらずにいられなかったんだわ。多分、自然不足だったんだろうなあ…。今なら怪しまれる事なく森に凸する事もできるから安心。


こんな所に住んでおきながら、自然の何が良いのか説明しろと言われると、僕はなんだか上手く言葉にできない。


でもそれがないと自分らしくいられないし、息苦しいし、安心できないし、楽しくない。


人や物、場所、趣味でやってる格闘技、学問、事業なんかも全部同じ、運命の出会いをしたものというのは自分にとってはそういう感じで、言葉にはできないけれど何か自分の根源に繋がっているものなんだと思う。


面白いのは、そういう何かに出会った時っていうのは、はっきりとそれが運命の出会いだと分かる事なんだよな。





最新記事

すべて表示

仮説の立た方には、大きく分けて二つある。 それは帰納(きのう)か演繹(えんえき)である。 もうこの時点でページを閉じようとする人も多いだろう。 だが、私達トレーナー、セラピストの仕事のコアは基本的に仮説の立案とその検証にあるので、ページを閉じたくなるような人は他人の健康に関わる仕事はしない方が良いだろう。論理的思考ができない人にこの仕事は務まらない。 仮説がちゃんと立てられるだけで、仕事の95%は

また熱が出たので2月以来のコロナかと思いきや、いつまで経っても陰性なので違うらしい。 一種の過労? 気付けば4月から1日も休まず働いて運動して勉強してたので、少し疲れてたのかも知れない。 もう今年で42歳だから、衰えてんのかな。 「364日働いた話」というブログでも書いたけど、僕は働き続ける事に対して感受性が低い方だと思う。桜上水に初めて整骨院を出した時も、一年近く休まず働いていた。 去年でさえも