top of page

貧乏になった事があるという話

更新日:2022年6月22日

みんなは、貧乏になった事があるだろうか。


貧乏自慢、苦労自慢の話かよ!と思う人もいるかも知らんけど、僕は仕事に行く交通費にさえ事欠いて駅前のパン屋の無料で拾える食パンの耳で飢えをしのいでいた事がある。


放置していても伸びる毛や爪を食べれたらいいのに、と結構ガチで考えていた、その頃は。もしくは再生可能エネルギーとして売却できないかなとか。


僕は15年くらい前、はっきり言って貧乏だった。


僕は早稲田大学商学部出身だったから、同期なんかはみんな良い感じのところ就職して、20代の半ばには踏み外れず、僕みたいじゃないそれなりの良い感じの生き方をしていた。


でも僕はやりたい事を仕事にした結果として、苦しい生活をしていた。


決して自分を貧しいと思ったりはしなかったけど、でもやっぱり当時は豊かではなかったと思う。財布に3千円あればこの世の果てまで行けるくらい安心できる、そんなのが僕の20代後半だった。


6万円の家賃を払う事にさえ困窮する当時の僕が理解した事は、3つあった。


①社会に出たら、仕事においては自分以外誰も自分を助けてはくれない

②学歴は関係ない

③パンの耳は、美味い


どんなセミナーに出ようが、これに勝る理解はなかった。


カッコ良く言えば自由の意味を理解した瞬間だったし、ダメな感じで言えば「大丈夫」の幅が拡がったとも言える。


どんな形でも生きて良けるし、生きて良い。そんな事を、パンの耳をかじりながら学べた気がする。








最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

Comments


bottom of page