貧乏になった事があるという話

更新日:6月22日

みんなは、貧乏になった事があるだろうか。


貧乏自慢、苦労自慢の話かよ!と思う人もいるかも知らんけど、僕は仕事に行く交通費にさえ事欠いて駅前のパン屋の無料で拾える食パンの耳で飢えをしのいでいた事がある。


放置していても伸びる毛や爪を食べれたらいいのに、と結構ガチで考えていた、その頃は。もしくは再生可能エネルギーとして売却できないかなとか。


僕は15年くらい前、はっきり言って貧乏だった。


僕は早稲田大学商学部出身だったから、同期なんかはみんな良い感じのところ就職して、20代の半ばには踏み外れず、僕みたいじゃないそれなりの良い感じの生き方をしていた。


でも僕はやりたい事を仕事にした結果として、苦しい生活をしていた。


決して自分を貧しいと思ったりはしなかったけど、でもやっぱり当時は豊かではなかったと思う。財布に3千円あればこの世の果てまで行けるくらい安心できる、そんなのが僕の20代後半だった。


6万円の家賃を払う事にさえ困窮する当時の僕が理解した事は、3つあった。


①社会に出たら、仕事においては自分以外誰も自分を助けてはくれない

②学歴は関係ない

③パンの耳は、美味い


どんなセミナーに出ようが、これに勝る理解はなかった。


カッコ良く言えば自由の意味を理解した瞬間だったし、ダメな感じで言えば「大丈夫」の幅が拡がったとも言える。


どんな形でも生きて良けるし、生きて良い。そんな事を、パンの耳をかじりながら学べた気がする。








最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや