誰かが作ってくれた看板が取れた時、自分が始まる

僕はプロチームにいた時でも、そのチームの名前で自己紹介をした事がない。

並行していくつかのチームと契約して活動しているからでもあるし、そもそも僕の場合は業務委託契約なので、契約チームが自分を表すものではないからだ。


有名なチーム、強いチームのトレーナーやSCになる事はキャリアの上で大切だけれど、それはそうした看板を作ってくれた誰かがいて成立することだ。


大企業のサラリーマンが独立して、初めて「大企業」の看板の効果を実感するというのはよく聞く話だが、誰かが作ってくれた看板に隠れて寄りかかって生きるのは実はものすごくリスキーな生き方だ。給料をくれて社会的地位を保障してくれる誰かに依存して生きていくという事は、生殺与奪の権を奪われているのと同じだ。


有名なチーム、強いチームのトレーナーやSCであろうと必ずしもハイレベルな技能者という訳でもない事が多い。でもそういうポジションに慣れるうちに、自分がハイレベルな人材であるかのように錯覚していってしまう事は多々ある。


そういう人材から看板が外れてしまったら、どうなるか。過去から得たプライドを捨てきれないまま、実際は非常に苦しい生活をしている同年代や上の年代の人たちをたくさん知っている。


だから思う。

どんなに小さくて風が吹けば飛ぶような看板でも、自分の看板を掲げた方が良い。常に社会の強風に晒されて、独立自尊の生き方を貫くマインドを持った方が良い。


最新記事

すべて表示

仮説の立た方には、大きく分けて二つある。 それは帰納(きのう)か演繹(えんえき)である。 もうこの時点でページを閉じようとする人も多いだろう。 だが、私達トレーナー、セラピストの仕事のコアは基本的に仮説の立案とその検証にあるので、ページを閉じたくなるような人は他人の健康に関わる仕事はしない方が良いだろう。論理的思考ができない人にこの仕事は務まらない。 仮説がちゃんと立てられるだけで、仕事の95%は

また熱が出たので2月以来のコロナかと思いきや、いつまで経っても陰性なので違うらしい。 一種の過労? 気付けば4月から1日も休まず働いて運動して勉強してたので、少し疲れてたのかも知れない。 もう今年で42歳だから、衰えてんのかな。 「364日働いた話」というブログでも書いたけど、僕は働き続ける事に対して感受性が低い方だと思う。桜上水に初めて整骨院を出した時も、一年近く休まず働いていた。 去年でさえも

核の部分の発信情報が全てパクリで成り立っているセミナー団体やオンラインコミュニティが存在するらしい。 MoveFree!も資料やワークが結構パクられているというのは会員の方からも聞いたりする。 もう10年やっているし、300人近くも会員の方がいるので、そういう話は僕のところに当然回ってくる。 昔はうわ〜嫌だなぁ…とかガチ目に思っていたけれど、最近はパクリビジネスをする人ってなんか可哀想だなぁ…と思