苦境に陥る「ハイスペック」中年トレーナー達

来月で42歳になってしまうんだけれど、最近周りの同年齢や少し上の年代のトレーナーの人達が「SCやATは大学院教育にした方が良い」とか、「アメリカが原点のSC専門職は日本では参入障壁が低すぎて誰でもなれる。それが発展を阻害している」といった発言を良くしているのを見るようになった。


博士課程を出ていたり、海外で勉強してきたようないわゆる「ハイスペック人材」的なブランディングで何とかなってきた同世代のトレーナーも、コロナのせい?なのか、ここにきて相当厳しい状況に陥っている人が多い。


そうした危機感やフラストレーションが「筋トレだけしてる奴には指導なんかできない」、「SCはアメリカでは徒弟制度で師匠からイロハを教わる…日本は資格もないやつがSCを名乗れるから低レベルなんだ」等の発言に繋がるのではないだろうか?


しかし正直なところ、経験があろうがなかろうがトレーナーを選ぶのは消費者なので、経験や資格があるのに消費者から選ばれないようなヤツこそが相当にヤバいのであって、そんなヤツは日本の文化にダメ出しする前にもっと自分自身を見直せよ、ビジネスとして成立させるために勉強しろよ、と思う。成功体験を捨ててアンラーニングしろよ、と。


でも、そんな事言っても聞いてくれないんだよね。海外で…プロチームで…日本代表で…といった経歴は、人の成長を停滞させる魔力でもあるんだろうか?


それって「元」なんでしょ?じゃあ、「今」はなに?10年前の経歴なんて、何の役にも立たないよ。1年前の経歴でも、クソの役にも立たない。昔取った学位なんて、1番役に立たないよ。大切なのは「今」何をしているか、だ。


時代は変わり続けるし、学びに終わりが来る事もない。そんなに「ヒト」は浅くない。


変わり続け、学び続け、前に進むしかない。SNSで他人や社会を責めても何にもならない。プロフィールに過去の栄光を書いても何も変わらない、変えられない。論文を読んだフリをしても、賢くなる事もない。


過去にしがみつき、他責にすればする程、成長から遠ざかって行く。


実践と学びを続ける。そしてそれを人の役に立つ形に還元する。それに集中すれば、迷う事も苦しむ事もない。




最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや