自分の事を理解するには人に聞くのが一番良い

オンライン会員の方のサービスの一つに「個別相談・コンサルティング」というのがある。


地味に結構多くの方に利用していただいていて、毎週何回かは会員の方とお話しさせていただいている。


話の内容は身体の事からキャリアの事、日常で発生する悩み、現場でのケーススタディなど様々だ。


僕自身もまだまだ道の途中の身だけれど、一応トレーナーが経験するキャリアポジションは一通り経験してきたし、離婚やら無職状態やら、ホームレスになりかけたりと、人生のダークサイドもそこそこ経験してリカバリーしてきたので、分かる範囲、できる範囲で協力させてもらっている。


そんな中でいつも思うんだけど、人は自分自身の強みに気付いていない事が多い。僕から見たら「うわー、いいな〜…」と思うような経験や強みを、その人自身は大した事だと思っていなかったりする。


情報や知識、技術は習得してしまえばある程度横並び一線になっていくけれど、自分自身が歩いてきた道の上で得たものは、他の誰にも得られないもので、競争原理が働かないくらいの強みは常にそこにある。


でも、経験値というのは「自分のもの」になりすぎていて、自分固有の経験や強みとして認識できない事が多かったりするのだ。


また、「将来どうしたら良いか」という悩みも当然結構あるけれど、それは「本当はどうしたいのか?」というのが言語化できずに混乱している時や、本当はどうしたいという目的は分かっているけれど、それを達成するための現実的な手段が可視化できていない時に起こる。


なので、客観的な立場から自分自身が持つ強みを再認識してもらったり、問題の言語化や手段の可視化のお手伝いをしたりして、現実的な解決方法を一緒に考えたりする。


相談の良いところは、そこにある。


人って自分の事はなぜか全然分からないのだ。

灯台下暗し。紺屋の白袴。医者の不養生。メガネメガネ…。これ全部同じ事を言ってて、人はなぜか他人の事は理解できても、自分の事は自分だけでは絶対に分からない。


ヒトは社会性動物だから、他者との関わりの中でしか自分を認識できない。そういう風に進化しちゃってるから仕方ない。


なので、相談してみたり、他者の視線を通じて見た自分を聞いてみたりしないと、自分の事は分からない。


僕自身も定期的にカウンセリングを受けたりするし、試しに前世療法を受けてみたりした事もある(ウソ臭いけど前世が見えた。ウマだった…)。


そんな感じなので、「どうしようかな〜?どうしたら良いかな〜?」なんて事があったら気軽に利用してみてほしい。



最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや