職人とビジネスマンの間④

自分は新しいチームと契約交渉をする時に、極力若いスタッフを同行させるようにしている。それは、契約交渉をするに当たってどんな準備やプレゼンが必要になるか肌で感じてもらうためだ。服装・言葉遣い・容姿、これら全てが相手への気遣いに表れるし、何より自分達が持つ、他社他人と違う提供力を、どう相手に伝えるかを心で理解してもらいたい。

なぜ選手達が自分達を紹介してくれるのか、どこが他のトレーナー派遣会社と違うのか、ストレッチ・アイシング・BIg3のような学生トレーナーで充分可能な事以外の何かはなんなのか?どうトレーナーの価値を現場に提供できるのか、真剣に、頭から血が出る程考えて、それをどう相手に伝えるのか。週末トレーナーじゃなく、トレーナーごっこじゃなく、仕事としてやっているトレーナーが提供できる物は何か。そんな事が交渉の場には表れる。