考えない病

自分で考えたり調べたりすればすぐ分かる事を、人に聞いてしまう人がいる。

人の時間を奪う事に無頓着な感性の持ち主だったり、誰かがやってくれるのが当たり前という価値観の持ち主だったり、「自分で考える」という義務を放棄しつつも無意識に他者に責任を丸投げにする、社会学的に言うところの「フリーライダー」という人達なのだろう。

往々にしてそういう人達に「自分で調べれば?」と言うと、「そんな事も教えてくれないのか、心が狭いヤツだ」と言わんばかりの対応をしてきて、なぜかこちらに責任を負わせようとしてくるものだ。

自分で考える事をしない人達に何をしても意味がない。私達の貴重な時間を消費され、浪費されるだけだ。

人は、付き合う人達や環境によって作られてしまうから、そうした人達とは努力してでも関わらない事。それが自分の人生を充実させるための一つのコツなのかも知れない。

最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや