top of page

筋力主義には本質も深みもない

筋力主義の時代は、もう随分前に終了している。


ヒトを筋肉と関節の総和だとする考え方は、実際にフィールドや日常で起こる運動を捉えきれない。姿勢や運動は身体パーツの総和ではなく、言うなれば掛け算、創発だ。


「股関節の可動域を拡大して殿筋を鍛えればパフォーマンスが上がる」とか「胸椎の可動性を拡大すれば上肢の運動は改善する」といった「筋・関節至上」のような考えが当たり前のように思える時期がひたすら続いている。


海外のセミナーに行っても、前フリは脳科学が〜とか言ってても結局は「筋力の向上と関節可動域の拡大」に終始しているものしかない。そんなものは最先端でも、本質でもない。


運動は全て「捉え方」、すなわち認知の仕方とそこから発生する方略によって決定される。


どれだけ可動域が拡がろうが、筋力が増大しようが、認知の側面が変わらなければ運動自体は変容しない。


そもそもの「課題の見かた、捉え方、解決の仕方、フィードバックの処理の仕方」が変わらないなら、運動は変わらないのだ。


関節や筋はそれらを形成する一要因ではあるが、ほんの一要因に過ぎない。


認知は運動発生の際に世界を受容する感覚や、情動、経験、結果、誤差、修正、学習によって作られて行く。そしてそれが新たな運動表出を形成していく。


ではあるが、スポーツのためのトレーニングやリハビリテーションは未だに関節と筋、何か目新しそうなものでも「運動連鎖(死語)」に留まってしまっているように思う。


時代錯誤というか、「ヒトへの認知の錯誤」が根底にあるのではないだろうか。


「ヒトそのものを学ぶ」事を放置してトレーニング科学や徒手療法の方法論をどれだけ学んでも、そこには何の深みもないように思う。









最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

Comments


bottom of page