科学とはなんだろう

更新日:2020年1月11日

 よく「科学的」という言葉を売り文句にしているトレーナーの方を見かけるが、本当に「科学」という言葉の意味を理解しているのか、聞きたくなる事がある。

 本来、科学的という言葉は結果的に「再現性」という事に帰結していくと思う。この「再現性」を証明するために「問題の発見→仮説の設定→実験→結果の分析→結論」のサイクルを回し、学会等の公的露出を経て他者の検証に晒されて、サバイブすれば最終的に「常識」と呼ばれるものに変化していく。

 一般的に使用される「科学的トレーニング」の意味は、そうした過程が存在している事を意識したものと言うより、「石井先生が言っていた」とか「論文に書いてあったって言っていた人がいたのを聞いた事がある」「NSCAのエッセンシャルに書いてあった」的なレベルの話に過ぎないのではないか。

 「科学的」の点で特に大切なことは、「仮説と実験手法の組み合わせの妥当性」と、「研究の限界」を説明できる事で、トレーニング科学の二次情報マニアの多くが「研究の限界」という基本的なことを理解せず、Aという限定的な結果を万人に当てはめるようなトレーニング指導を「科学的」と呼んでいるに過ぎない。

 「有名な誰かが正しいと言っていた」を無思考に提供するのは、科学じゃない。本に書いてあれば科学な訳でもない。

 「科学的」を理解したければ、自らの力で問題を見つけて、一つの仮説を立て、自分の力で仮説を証明する訓練をしてみると良いのではないだろうか。我々は日々の仕事のなかでそれが出来るだろう。

 「科学」の真髄は、人に教えてもらうものじゃなく、実践するものなんだと思いますね。

最新記事

すべて表示

仮説の立た方には、大きく分けて二つある。 それは帰納(きのう)か演繹(えんえき)である。 もうこの時点でページを閉じようとする人も多いだろう。 だが、私達トレーナー、セラピストの仕事のコアは基本的に仮説の立案とその検証にあるので、ページを閉じたくなるような人は他人の健康に関わる仕事はしない方が良いだろう。論理的思考ができない人にこの仕事は務まらない。 仮説がちゃんと立てられるだけで、仕事の95%は

また熱が出たので2月以来のコロナかと思いきや、いつまで経っても陰性なので違うらしい。 一種の過労? 気付けば4月から1日も休まず働いて運動して勉強してたので、少し疲れてたのかも知れない。 もう今年で42歳だから、衰えてんのかな。 「364日働いた話」というブログでも書いたけど、僕は働き続ける事に対して感受性が低い方だと思う。桜上水に初めて整骨院を出した時も、一年近く休まず働いていた。 去年でさえも

核の部分の発信情報が全てパクリで成り立っているセミナー団体やオンラインコミュニティが存在するらしい。 MoveFree!も資料やワークが結構パクられているというのは会員の方からも聞いたりする。 もう10年やっているし、300人近くも会員の方がいるので、そういう話は僕のところに当然回ってくる。 昔はうわ〜嫌だなぁ…とかガチ目に思っていたけれど、最近はパクリビジネスをする人ってなんか可哀想だなぁ…と思