率直に言ってビビっている

心理学部の授業が始まる。

コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。


率直に言って、結構ビビっている。


新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。


2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこまでやる必要があるのか分からない。何年何回学校行くんだよ、とも思う。


でも、どうせ勉強するならちゃんと納得するまでやりたいから、そこまでは辿り着きたい。


動物解剖の道に進んだ時も、毎日イヌのご遺体に向き合って「おれって何なんだっけ?」と思う事があったけど、結局それも様々な気付きに繋がって今がある訳で、何かやれば、必ず何か得るものがある。


一方で、NSCA USAが去年発表した新しいカリキュラムのPerformance & Sports Scientistというのがあって、これもコロラドに書類を出したら受験要件を満たしていると連絡がきたので、地味に勉強している。多分年が明けたらテストを受けると思う。これはこれで改めて勉強になる。CSCSを15年前に取ったり早稲田の修士が終わってからNSCA的な学びのアプデは結構停滞していたので、自分にとっては今さらながら必要な学びだ。


最近はいろいろとリスキリングな感じだけれど、改めていろいろ学ぶとなんだかもの凄く長い期間自分が停滞していたように感じて、それにもビビっている。


明日で42歳になってしまう僕には、もうあまり残された時間がないのだ。42歳でここまでしか来れなかった自分にも改めてビビっているし、残り時間が少ない事にもビビっている。


率直に言って、いろいろビビり倒している。






最新記事

すべて表示

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや

オンライン会員の方のサービスの一つに「個別相談・コンサルティング」というのがある。 地味に結構多くの方に利用していただいていて、毎週何回かは会員の方とお話しさせていただいている。 話の内容は身体の事からキャリアの事、日常で発生する悩み、現場でのケーススタディなど様々だ。 僕自身もまだまだ道の途中の身だけれど、一応トレーナーが経験するキャリアポジションは一通り経験してきたし、離婚やら無職状態やら、ホ