焦りや不安を感じたら

今でこそ日本代表トレーナーだの選抜だの、プロチームだのやら、スポーツ関連の博士課程出身やらATやらCSCS、EXOSだのNASM-PESだのとスポーツに関わるトレーナーとして完全にこの業界にどっぷり浸かっているように見える僕の経歴だが、20代中盤いや、それどころか30歳近くまで自分は亜流の中の亜流で、メインストリームにいる人達を羨む毎日を送っていた。


商学部出身の僕は、所謂メインストリームのトレーナーの経歴とはまるで無縁だったし、どうやったら普通のトレーナーらしいキャリアパスを描けるのか全く分からないまま社会を漂流していたし、そもそも「トレーナー」がなんなのかも理解できていなかった。


その分、コンプレックや焦りが強かった。自分が目指す「トレーナー」という仕事において、自分よりも何か知ってそうな人は眩しかったし、重厚な知識や経験を持っているように見えて劣等感を感じたものだ。


その焦りの表れが、僕の経歴の一部だ。今まで取った資格は数知れず、海外だろうと国内だろうと、興味を覚えたものはどんなに困窮しようが、借金してもいい覚悟で構わず参加した。鍼の専門学校だろうが、博士課程だろうが、将来借金まみれになるリスクも怖いとも思わず進学した。


いろいろな事を知るのが楽しかったのもある。でも、勉強していく事の最初の原動力は、自分のスタートが普通のトレーナーの人達よりも何歩も後ろからだという焦りだったんだと思う。


オンラインの会員の方にも、現状に焦りや悩みを感じている人がいると思う。むしろ、そういう人だからこそ何かキッカケを掴みたくて入会していただいてるのかも知れない。


自分の理想を目指して生きる限り、焦りや不安から逃げる事は出来ない。ゲーテ曰く、「学び続ける者は、悩み続ける」だ。


僕が思うに、焦りや不安から逃げる事は出来なくても、それらをコントロールする事、そして恐れる自分を理解する事は出来る。


1番マズイのは、そうした恐れる自分から逃避するために何か一つの思想や方法論、コミュニティに逃げ込む事だ。皆んなで同じポーズをとって写真に収まれば、一時の借り物の安らぎを得る事は出来るかも知れない。でも、それはただの弱者同士の傷の舐め合い、現実逃避に過ぎない。


不安や悩みと立ち向かう唯一の方法は自分で考え、行動する事しかない。志しを立てて、行動をもって進むしかない。


そんな風に考えると、不安や悩みを解決するための最初の一歩は、自分のやるべき道を見つける事なのかも知れない。自分のやりたい事を志すという、シンプルな事ね。


2020年1月

最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや