無限スタンス理論

4スタンス理論が話題になっていた時代があった。もうさすがにそんな事を言っている人はあまりいないだろうけど。


ヒトの重心は生まれ持ったもので後世変わる事はなく、その重心位置に適した身体の使い方があり、そのパターンは4つに大別されるという。


多様性のあるものを極端な類型化に落とし込むという手法は未だに人目を集めやすい。


生まれた年月や血液型に始まり名前の文字数、姿勢、関節可動域、筋出力…パターン化はあらゆる事に使われる。なんでもジャンル分け的な。


多様性に富んだものを無理に類型化する事って、意味ある?


もし仮に重心位置がいくつかのパターンに分類されたとしても、そのパターンに至るまでの原因は無限にあるよね。そこは無視していいのか?


むしろ、そこに至る原因が何なのかを考える必要があるんじゃないのか?


と、考えるとパターン化して満足している場合じゃないんだよな。


パターン化するための評価能力なんかよりも、その人がなぜそうなのかを評価できる能力の方がよっぽど大切なんだよ。


人の重心位置がそこに至る理由なんて、無限にある。無限スタンス理論なんだよ。


無限に拡がる身体運動の中に仮説を立てて、治療なりリハなりパフォーマンス向上の中で実証していく。


それはパターン化なんかしてたらできない事なんだよ、と僕は思う。


まあそれ以前に、人はみんな違う事を認めるって当たり前の事だよね。






最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや