無限スタンス理論

4スタンス理論が話題になっていた時代があった。もうさすがにそんな事を言っている人はあまりいないだろうけど。


ヒトの重心は生まれ持ったもので後世変わる事はなく、その重心位置に適した身体の使い方があり、そのパターンは4つに大別されるという。


多様性のあるものを極端な類型化に落とし込むという手法は未だに人目を集めやすい。


生まれた年月や血液型に始まり名前の文字数、姿勢、関節可動域、筋出力…パターン化はあらゆる事に使われる。なんでもジャンル分け的な。


多様性に富んだものを無理に類型化する事って、意味ある?


もし仮に重心位置がいくつかのパターンに分類されたとしても、そのパターンに至るまでの原因は無限にあるよね。そこは無視していいのか?


むしろ、そこに至る原因が何なのかを考える必要があるんじゃないのか?


と、考えるとパターン化して満足している場合じゃないんだよな。


パターン化するための評価能力なんかよりも、その人がなぜそうなのかを評価できる能力の方がよっぽど大切なんだよ。


人の重心位置がそこに至る理由なんて、無限にある。無限スタンス理論なんだよ。


無限に拡がる身体運動の中に仮説を立てて、治療なりリハなりパフォーマンス向上の中で実証していく。


それはパターン化なんかしてたらできない事なんだよ、と僕は思う。


まあそれ以前に、人はみんな違う事を認めるって当たり前の事だよね。






最新記事

すべて表示

仮説の立た方には、大きく分けて二つある。 それは帰納(きのう)か演繹(えんえき)である。 もうこの時点でページを閉じようとする人も多いだろう。 だが、私達トレーナー、セラピストの仕事のコアは基本的に仮説の立案とその検証にあるので、ページを閉じたくなるような人は他人の健康に関わる仕事はしない方が良いだろう。論理的思考ができない人にこの仕事は務まらない。 仮説がちゃんと立てられるだけで、仕事の95%は

また熱が出たので2月以来のコロナかと思いきや、いつまで経っても陰性なので違うらしい。 一種の過労? 気付けば4月から1日も休まず働いて運動して勉強してたので、少し疲れてたのかも知れない。 もう今年で42歳だから、衰えてんのかな。 「364日働いた話」というブログでも書いたけど、僕は働き続ける事に対して感受性が低い方だと思う。桜上水に初めて整骨院を出した時も、一年近く休まず働いていた。 去年でさえも