top of page

暑い日なのでガチの怪談

僕は幽霊を見た事が2回ある。


2回ともあまりに白昼堂々の出現だったので、見た瞬間は幽霊だと認識できなくてナニコレ????え??世界にはこういう人もいるのか…変わってんな…と思って近寄ってジロジロ観察したくらいだった。


詳しい状況を話すと1人でトイレに行けなくなる会員さんがいたりして申し訳ない事になりそうなので、セミナーで遊びに来た時にでも興味がある方は共有するので言って下さい。


実際のところ、18.9HZの音を聞かせるとヒトは幽霊的な幻覚を見るという現象がイギリスで行われた実験で確認されているらしいし(イギリスはオカルト好きな国で有名とされている)、側頭葉に傷害を受けた人はその傾向が顕著になるというのも報告されていたりする。


ヒトは20〜20,000Hzの音しか認識できない。ギリギリ聞こえない音を聴くと、ヒトは幻覚を見る。多分、認識できる/できないの境界線の音を聴くと脳が聴覚情報の処理の曖昧さの辻褄を合わせるためにバカになって無理矢理に視覚情報を発生させるんだと思う。


暑い日に日中温められて膨張した鉄や石が夜になって冷やされて収縮する時、19Hzに近い音を発生させる事が知られている。だから怪談は鉄橋や線路、石が多い墓場や河原、湖畔なんかで生まれやすい。


なので、僕が幽霊を見た時もたまたまそういう周波数の可聴下音がその場所で飛んでいたのかも知れない。


…と信じたいです本当に。


今でもあれはなんだったんだろうなぁ…と、ふとした時に思い出してしまう。

最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

Comments


bottom of page