暑い日なのでガチの怪談

僕は幽霊を見た事が2回ある。


2回ともあまりに白昼堂々の出現だったので、見た瞬間は幽霊だと認識できなくてナニコレ????え??世界にはこういう人もいるのか…変わってんな…と思って近寄ってジロジロ観察したくらいだった。


詳しい状況を話すと1人でトイレに行けなくなる会員さんがいたりして申し訳ない事になりそうなので、セミナーで遊びに来た時にでも興味がある方は共有するので言って下さい。


実際のところ、18.9HZの音を聞かせるとヒトは幽霊的な幻覚を見るという現象がイギリスで行われた実験で確認されているらしいし(イギリスはオカルト好きな国で有名とされている)、側頭葉に傷害を受けた人はその傾向が顕著になるというのも報告されていたりする。


ヒトは20〜20,000Hzの音しか認識できない。ギリギリ聞こえない音を聴くと、ヒトは幻覚を見る。多分、認識できる/できないの境界線の音を聴くと脳が聴覚情報の処理の曖昧さの辻褄を合わせるためにバカになって無理矢理に視覚情報を発生させるんだと思う。


暑い日に日中温められて膨張した鉄や石が夜になって冷やされて収縮する時、19Hzに近い音を発生させる事が知られている。だから怪談は鉄橋や線路、石が多い墓場や河原、湖畔なんかで生まれやすい。


なので、僕が幽霊を見た時もたまたまそういう周波数の可聴下音がその場所で飛んでいたのかも知れない。


…と信じたいです本当に。


今でもあれはなんだったんだろうなぁ…と、ふとした時に思い出してしまう。

最新記事

すべて表示

仮説の立た方には、大きく分けて二つある。 それは帰納(きのう)か演繹(えんえき)である。 もうこの時点でページを閉じようとする人も多いだろう。 だが、私達トレーナー、セラピストの仕事のコアは基本的に仮説の立案とその検証にあるので、ページを閉じたくなるような人は他人の健康に関わる仕事はしない方が良いだろう。論理的思考ができない人にこの仕事は務まらない。 仮説がちゃんと立てられるだけで、仕事の95%は

また熱が出たので2月以来のコロナかと思いきや、いつまで経っても陰性なので違うらしい。 一種の過労? 気付けば4月から1日も休まず働いて運動して勉強してたので、少し疲れてたのかも知れない。 もう今年で42歳だから、衰えてんのかな。 「364日働いた話」というブログでも書いたけど、僕は働き続ける事に対して感受性が低い方だと思う。桜上水に初めて整骨院を出した時も、一年近く休まず働いていた。 去年でさえも

核の部分の発信情報が全てパクリで成り立っているセミナー団体やオンラインコミュニティが存在するらしい。 MoveFree!も資料やワークが結構パクられているというのは会員の方からも聞いたりする。 もう10年やっているし、300人近くも会員の方がいるので、そういう話は僕のところに当然回ってくる。 昔はうわ〜嫌だなぁ…とかガチ目に思っていたけれど、最近はパクリビジネスをする人ってなんか可哀想だなぁ…と思