暑い日なのでガチの怪談

僕は幽霊を見た事が2回ある。


2回ともあまりに白昼堂々の出現だったので、見た瞬間は幽霊だと認識できなくてナニコレ????え??世界にはこういう人もいるのか…変わってんな…と思って近寄ってジロジロ観察したくらいだった。


詳しい状況を話すと1人でトイレに行けなくなる会員さんがいたりして申し訳ない事になりそうなので、セミナーで遊びに来た時にでも興味がある方は共有するので言って下さい。


実際のところ、18.9HZの音を聞かせるとヒトは幽霊的な幻覚を見るという現象がイギリスで行われた実験で確認されているらしいし(イギリスはオカルト好きな国で有名とされている)、側頭葉に傷害を受けた人はその傾向が顕著になるというのも報告されていたりする。


ヒトは20〜20,000Hzの音しか認識できない。ギリギリ聞こえない音を聴くと、ヒトは幻覚を見る。多分、認識できる/できないの境界線の音を聴くと脳が聴覚情報の処理の曖昧さの辻褄を合わせるためにバカになって無理矢理に視覚情報を発生させるんだと思う。


暑い日に日中温められて膨張した鉄や石が夜になって冷やされて収縮する時、19Hzに近い音を発生させる事が知られている。だから怪談は鉄橋や線路、石が多い墓場や河原、湖畔なんかで生まれやすい。


なので、僕が幽霊を見た時もたまたまそういう周波数の可聴下音がその場所で飛んでいたのかも知れない。


…と信じたいです本当に。


今でもあれはなんだったんだろうなぁ…と、ふとした時に思い出してしまう。

最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや