差別への一考察

これだけあらゆる事へのアクセスが自由になった今でも、人種差別はなくならない。それどころか、より一層闇を増して私達にその根深さを突き付けてきている。


アフリカンへの差別が今クローズアップされているが、アジア系への差別も海外をうろつくと分かるが、結構えげつない。


それぞれの人種が、それぞれの差別感情、被差別感情を抱えている。


「弱い者達が夕暮れ、さらに弱いものを叩く」の地を行く価値観が世界には顕在している。


元来、「人種」というのものはそれぞれの生存戦略に合わせて居住する場所を求め続ける過程で作られて来た。暑い所から寒いところへ、そして獲物がいないから農作物を作るヒト達…


生物の進化と同様、より競合がいない環境で生き延びるために適応性を変化させ、形や食嗜好を変えて、それが文化になり、やがて「人種」になる。


元来、それぞれの種は生き延びるために競合を繰り返す。それが豊穣の現世では同じ場所、または限りなく近接した環境で共住するようになった。


住環境や食性の著しく異なるものは、例え同種でも大きく異なる免疫系を持つため交配をしない傾向にある。そして、免疫系が大きく異なる種は競合し、どちらが優れた遺伝子であるかを繁殖数として示そうと試みる。


これはナショナリズムやレイシズムの根底にある「生物としての本能」だ。


サバンナから出発し生きるためのチャレンジを繰り返した結果、局地への適応を経て、我々は発達させた技術を持って「環境の均一化」を実現し、あらゆる人種が居住空間を一にした。その結果、未だに人種間の本能的反発は置き去りにされ今日の「差別感情」を醸成している。


本来違う環境への適応をしてきた者達同士が、同じ場所に住む事など、自然の過程では有り得ない。


ヒトは豊かになったが、その本能は未だに「異なる遺伝子、異なる免疫」への攻撃性を変化させる事が出来ずにいるのかも知れない。


誤解を恐れず言えば、差別は本能の為せる業だ。


進化の過程が生み出した業を、我々は本質的に備えている。それを理解する事なしに前には進めない。


住環境の均一化がこれまでにない程進んだ今、いわゆる先進国ではより一層人種間競合や排他感情が強まる可能性がある。


そうした中で、何が私達一個人にできるのか?


生きてきた過程の違いをヒトそれぞれが理解し、現代にマッチしない本能を未だに備えてしまっている自分自身を認める事、自分達が作り出した技術が産んだ世界に自分達の本能が適応できていないという事実を認めずには、何も変えられない。


最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや