top of page

学歴や資格よりも大切な事があるらしい

「学ぶ」という事がどういう事なのか?という話があって、それは「学ぶ前と学んだ後で、どれだけ自分が変われたか?」でしか測れない、と言う。


学歴や学位などの目に見える他者評価的なものが手に入る事よりも、「内的に自分がどこまで変われたか?」が重要で、それは他者との比較の中で自分の価値を確認するような浅い次元の相対的価値ではなく、自己の中に芽生える「絶対的価値」、いわば人生を貫く志を立てるものになると言う。


で、それが本来の学びのあり方だろう、と。


確かにそう言われると、学歴や資格で飯は食えないけれど、経験と成長で飯を食う事はできるよなぁ…と思う。


知り合いに中卒の社長がいるけれど、その人は驚愕する程に独特の野生的な知性を持っていて、それは日々のビジネスの実践の中で養われたものなんだと思う。そこら辺の一流大学卒よりも、圧倒的に野蛮でハイパフォーマンスだ。


学歴や資格は確かに社会という枠組みの中にハマり込んで生きていく上では大切かも知れない。でも、その枠組みをはみ出して自営業という荒野で走り続けるには、そんな相対的指標よりも経験と成長から得られる絶対的「学び」の方が圧倒的に強みを持つのだろう。


MoveFree!も、そんな荒野を走り続ける人の学びのキッカケや機会になれれば良いな…と思う。


そのためにも、自分自身が社会に出た瞬間から今日のこの日までに、どこまで「変われたか?」を追究しないといけないよな、という訳でいくつか新しい目標を定めてそれに進み始めている。


結構先が長くて1人だと心が折れそうなので、「勉強サークル」でも作ろうかと思う。Labのような授業形式とは違って、参加者がそれぞれの学びを共有するような、相互的な場だ。


興味ある人、いたりしない?


最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

bottom of page