学歴や資格よりも大切な事があるらしい

「学ぶ」という事がどういう事なのか?という話があって、それは「学ぶ前と学んだ後で、どれだけ自分が変われたか?」でしか測れない、と言う。


学歴や学位などの目に見える他者評価的なものが手に入る事よりも、「内的に自分がどこまで変われたか?」が重要で、それは他者との比較の中で自分の価値を確認するような浅い次元の相対的価値ではなく、自己の中に芽生える「絶対的価値」、いわば人生を貫く志を立てるものになると言う。


で、それが本来の学びのあり方だろう、と。


確かにそう言われると、学歴や資格で飯は食えないけれど、経験と成長で飯を食う事はできるよなぁ…と思う。


知り合いに中卒の社長がいるけれど、その人は驚愕する程に独特の野生的な知性を持っていて、それは日々のビジネスの実践の中で養われたものなんだと思う。そこら辺の一流大学卒よりも、圧倒的に野蛮でハイパフォーマンスだ。


学歴や資格は確かに社会という枠組みの中にハマり込んで生きていく上では大切かも知れない。でも、その枠組みをはみ出して自営業という荒野で走り続けるには、そんな相対的指標よりも経験と成長から得られる絶対的「学び」の方が圧倒的に強みを持つのだろう。


MoveFree!も、そんな荒野を走り続ける人の学びのキッカケや機会になれれば良いな…と思う。


そのためにも、自分自身が社会に出た瞬間から今日のこの日までに、どこまで「変われたか?」を追究しないといけないよな、という訳でいくつか新しい目標を定めてそれに進み始めている。


結構先が長くて1人だと心が折れそうなので、「勉強サークル」でも作ろうかと思う。Labのような授業形式とは違って、参加者がそれぞれの学びを共有するような、相互的な場だ。


興味ある人、いたりしない?


最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや