絶滅した生き物図鑑に載らないように

「アンラーニング」という言葉がある。


簡単に言えば自分の中に育ったビリーフ(思い込み)やフレーム(思考の枠組み)を消去し、新たな側面から物事を捉えるために今まで学んできた事をあえて捨て去る、みたいな事だ。


長く勉強してきた事や慣れ親しんだ知識は安心できる拠り所になるので、ある程度勉強したり経験を積むと、そこからはみ出たモノには不快感を抱きやすい。自分が何かを知らないような気がして不安になるからだ。


なので、知らない事を知ろうとするよりも知っている事を何回もリピりたくなるのが人間の悲しい性。


冒険に出るより家でテレビを見ている方が安心安全なので、そりゃそうなる。


言ってみればアンラーニングは、そんな安心安全な居場所を捨てて、あえてテレビを売り払いそのまま家を飛び出すようなものなので不安・危険・不快極まりない行為だ。


でも、これがメチャクチャ重要だ。進化生物学の古典的仮説に、「赤の女王仮説」というのがある。


ナニソレ?と思うだろうけれど、これは鏡の国のアリスに出てくる赤の女王の「この国では同じ場所に居続けるために常に走り続けなきゃならない」という台詞が元ネタで、種が生き残るためには赤の女王が走り続けるかのごとく常に進化・変化・適応が求められるという「絶滅の法則」を説明したものだ。


私達もそうなのだ。


同じ場所にいるためには、常に進化・変化・適応が求められる。そのためには、学んできたものを常に自己破壊し自分を更新し続ける必要がある。


それができなければ、絶滅した生き物図鑑行きになるのだ。困窮するハイスペック中年トレーナー図鑑に載る事になってしまうのだ…。


まあ、でもそんな強迫観念的な生き方は息苦しくなってしまうから、思い込みや定型化された思考の枠組みをなくして、変わる事自体に、学ぶ事自体に楽しさを感じられるようになるのが大切なんだろうなと思う。







最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや