top of page

売春宿と八百屋のオッサン

学校の勉強は売春宿である、という言葉がある。


これは行動遺伝学者の安藤寿康さんの言葉なんだけれど、現代的コンプライアンス社会においてはリスキーな言葉だ。でも、その意味する事は納得できる。


本来的な学びの楽しさは本当にその学びの楽しさを知っている人達に教われば良いはずなのに、それを義務教育として全国に行き渡らせるのはムリ。


なので、とりあえずその教科を学校で教えられる「先生」を使って教育しようね、というのが学校な訳なんだけれど、これは例えてみれば実社会で恋愛するのが難しいから売春宿で性体験だけでもしてみよう、といった実態的な恋愛とはかけ離れたものと同じなんじゃないの?と言う事を意味している。


なかなか過激でやべぇ事言うな…と思うけれど、確かに本質を突いている部分がある。


例えば僕は早稲田大学商学部という日本でもベスト4には入るくらいの商学部でマーケティングや経営学、広告論を学んだはずなんだが、はっきり言って経営的部分では学部での勉強は全く役に立っていなくて、社会に出て自分で試行錯誤しながら経験して得た技術の方が役に立っていたりする。


そういう点で僕にとっての大学での机上論的商学は、言うなれば売春宿的、超疑似恋愛的商学だった。


実際自分が在籍していた時の商学部で、実業をしていた教授は1人もいなかった。自分で経営してもないのにマルクスが…とか神の見えざる手が…とか言ってもねぇ。


トレーナーの仕事も同じで、結局は学歴よりも経験の方が実際的には役に立っている。


学ぶ事の楽しさは、厳しい実社会をサバイバルする実践の楽しさを知っている人にしか伝えられないように思う。学びが現実と乖離すると机上の空論を超えてマスターベーションにしかならない。


商学部の偉い教授に教えてもらった事よりも、近所の八百屋のオッサンが立ち飲み屋で言ってる事の方が実際的には学びが多かったりする場合もあるのだ。


八百屋のオッサンが立ち飲み屋で話す「超実践的八百屋論」みたいなノリで身体の学びを共有できるものになれたら、それは僕の一つのゴールなのかも知れない。







最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

Comments


bottom of page