呼吸を変えても姿勢も変わらないし人生も変わらない

「呼吸神話」ありますよね。


呼吸を変えれば姿勢が変わるとか、生き方が変わるとか。


はっきり言って、変わりません。


呼吸を変えても仕事は舞い込んでこないし、スクワットで200キロ挙げられる訳でもないし、バク転できるようになる訳でもありません。


仕事ができるようになりたいなら仕事に関わる努力、スクワットで200キロ挙げたいなら地道なスクワット、バク転したいならバク転の練習が必要。


姿勢を良くしたいなら?

それは情動と日々の姿勢学習が必要。それだけです。


生き方を変えたいなら?

安定から一歩踏み出すだけでしょ。それだけです。


呼吸は従属的なものなので、根本を変える力はない。


生き方が変われば、姿勢が変わる。姿勢が変われば、呼吸が変わる。それだけです。


呼吸を変える努力なんて、無駄です。コントロールしきれるものじゃないし、結果としてコントロールできるものになるだけです。


その前に、生き方を変える方が良い。


「呼吸と姿勢のセミナー」とかをやってる人を見ると、全然自然体じゃなくて姿勢も生き方も苦しそうな人が多いのが素朴に疑問です。







最新記事

すべて表示

仮説の立た方には、大きく分けて二つある。 それは帰納(きのう)か演繹(えんえき)である。 もうこの時点でページを閉じようとする人も多いだろう。 だが、私達トレーナー、セラピストの仕事のコアは基本的に仮説の立案とその検証にあるので、ページを閉じたくなるような