top of page

動物の真似しても仕方ないよ、という話

僕は動物解剖も結構勉強してきたんだけれど、良く言われるのが「動物の動きの真似するの良いんですよね、あれ?」みたいな話。


はっきり言って、全く意味ないです。


同じように発達の話をしていると「赤ちゃんの動きは自然で真似すると良いんですよね?」というのもある。


これもはっきり言って全く意味ない。赤ちゃんと成人は、構造が違う。違い過ぎて他の生物くらい差異がある。


構造が根本的に違う生物の運動を真似する事はできないし、そんな事をして何の意味があるのか僕には理解できない。


比較解剖学を勉強する意味は、他の生物と比較してしか理解できないヒトらしさを知る事にある。


だからむしろ、ヒトはヒトの動きを追究する必要がある。


チーターの真似とか、できないよ。そもそもチーター鎖骨ないし、胸郭めっちゃ細いから。四つ足で短距離を駆け抜ける事に特化してる。構造的に真似とかできないし、する必要も全くない。


自然な動きをしたくて逆に不自然な動きを身につけるなんて、本末転倒を超えて理不尽な域に到達している。


何年かサイクルで「動物モノマネシリーズ」や「赤ちゃんモノマネシリーズ」の流行が訪れるが、本質を見ればそれがいかに浅はかなものか分かると思う。


もっとヒトの事を知って、ヒトの動きを追究しようよ、といつも思う。



最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

bottom of page