top of page

優秀な若者達

最近、すげえな、と思う若者と接する機会が多い。


単に知識があるとか大学院に行っているとかいうような事じゃなくて、自分で考えて行動に移してトライ&エラーの渦に果敢に挑み、自分の思考と試行を洗練させようとしている。そんな若い人達と話す事が多い。


自分が同じ年齢だった時、こういう風にできただろうか?と、彼らが帰った後考えてしまうし、彼らが今の僕と同じ年齢になった時に何を思って何を見ているのだろうか?としみじみしてしまったりして。


彼らはすでに「捉え方、考え方」で生き方が変わったり、道が開かれて行くのを、心のどこかで理解しているんだ、と話をしていて感じる。


すげえな、と思う。リアル坂の上の雲だな、これがサミュエル・ウルマンの言う青春だな、と思う。


くだらない常識の皮をかぶった集団的偏見や同調圧力を跳ね除けて、今持っている眩しいほどの志を貫いていてほしいし、どうか人や時運に恵まれてその志を保てる巡り合わせであってほしいと、本当に思う。


吉田松陰さんはその生き方が志ドリブン過ぎでぶっ飛んでいて、僕はめちゃくちゃ尊敬しているんだけど、その言葉に「志をもって万事の源をなす」と、「志士は溝崖(こうがく)にあるを忘れず」というのがある。


志が全てだし、志を保てれば崖や谷に落ちて死んでも構わん、という意味だ。これはもはや名言を超えて普遍的真実、実験不要なまでに人の在り方、生き方を示している。


志があれば人は輝くし、それを保ち続ける限り何かに絶望したり、人や社会を妬み責める事もない。


僕自身も「身体を知り、身体を使う事の楽しさ」を共有する事が一つの志だけれど、そのおかげで今まで生きてこれた。志の大切さは少しは理解しているつもりだ。


だから、若い人達がそれぞれの志を貫いて悔いなく生きていく手助けができたら良いな、と思う。


まあ、まだまだ自分の事で手一杯で全然修行が足りないんだけれど。


若手トレーナーの部会を作って、それぞれ刺激し合えるようなコミュニティを提供するのも良いかも知れない。誰か興味ある人いたりしない?













最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

Comentarios


bottom of page