不満か不安か

雇われていると「不満」が募る

経営者になると「不安」が募る


これは「社長失格」の著者、板倉雄一郎さんの言葉だ。


核心を突いた言葉だと思う。


ずっと不満を抱えて生きるか、ずっと不安と向き合って生きるか。


それとも、不満も不安も抱えて生きるか。


自営業は毎月決まった日に給与が振り込まれる訳ではないので、永遠に続くビジネスサバイバルマラソンを不安感をペースメーカーにしてひた走る必要がある。


その代わりに、不満を感じて生きる事はない。


と、言うより不平不満を感じるヒマがあるなら、何かしら生産性を上げる事に注力した方が効率が良いので「不満」に向き合う必要がない。


もっと言えば、「不満」そのものにも何かしらのヒントが隠されていて、それが新しい発想に繋がると考える事さえできる。


どう生きるのかはそれぞれの価値観によるし、どんな生き方でも尊重されるものだが、不満を募らせて生き続けるくらいなら、自分のやりたい事に死ぬ気で向き合った方が良いと思う。





最新記事

すべて表示

20代の頃、R-body恵比寿店と言えば憧れの対象だったと言っていい。 一種、そのブランドを象徴した旗艦店がなくなるのか…。 当時同じような「ファンクショナルトレーニング推し」のジムと言えば、今は無きフィジカルアーキテクトくらいで、恵比寿という立地も相まって若い頃の僕はすげぇな〜いいなぁ〜なんて思っていたものだ。 コロナもあるし、経営者はいろいろ考えるタイミングでもあるんだろうな…なんて月並みな感

入会していただいた皆様への特典(と、言うのもおこがましいんだけれど)としてパーソナルトレーニングがあります。 最近多くの方が利用してくれていて、ありがたい限りです。 このパーソナルトレーニングですが…目的やら競技をやっているやらの条件は、一切不要です。 動く事を楽しんでみたい、たまには違う人とトレーニングしてみたい、ヒマだから行ってみようかな…そんな事でも全然大丈夫です。 普段と違う事をしてこそ、

仮説の立た方には、大きく分けて二つある。 それは帰納(きのう)か演繹(えんえき)である。 もうこの時点でページを閉じようとする人も多いだろう。 だが、私達トレーナー、セラピストの仕事のコアは基本的に仮説の立案とその検証にあるので、ページを閉じたくなるような人は他人の健康に関わる仕事はしない方が良いだろう。論理的思考ができない人にこの仕事は務まらない。 仮説がちゃんと立てられるだけで、仕事の95%は