不安が消える事はないでしょう

更新日:6月22日

先日AONの4日間を終えて、セミナーの間に受講してくれた皆さんといろいろ話をしたが、やっぱり最近は廃業するパーソナルジムが多いらしい。


この2年間で確かに僕も考えさせられる事がたくさんあったし、コロナやべぇな…という実感はある。


でも、やる事ってどんな状況でも変わらない。


ちょうどコロナが流行る直前、僕はアメリカに長期間遊びに行っていた。


そりゃまあ日本の仕事を留守にして大丈夫かな?とは思ったけれど、行かずにはいられなかったんだわその時は。


だから日本にいなくても良いような仕事の作り方をして滞米していたし、日本にいない不安を解消するためにもいろいろと面白くなりそうな種を探す毎日を過ごした。


帰国したら速攻コロナが流行って最初はビビり倒したけれど、結局僕のやってる事なんて自分の頭と身体があればどうにかなる事なんだと思えば、自分さえ失われなければなんとかなる、と思えた。


前のブログにも書いたけれど、僕は「大丈夫」の幅が貧乏経験のおかげでちょっと広い。


別に店が潰れようが、一時的に無職になろうが、良くない?


そういう事もあるよ、自分がやりたい事をやって生きてるんなら。上手くいかない日もある。


上手くいかなかった事も、近い日にすぐネタになるんだよ。いつかは全て笑いになる。


なんなら職業は「自分」な訳だし無職もクソもないしね。


極寒の夜でも、自分の体温だけで自分を温めて寝れる覚悟がある生物だけが生きていける。野生動物はみんなその覚悟を持っている。


自分の楽しさをいつまでも失わずにいれる人間だけが自分の人生にYESと言う事ができる。やりたい事をやっている人間は、みんなその覚悟を持って生きている。


本当にやりたい事を見つけたら、それだけで人生はほとんど成功したようなもの。


つきまとう不安は、生きるための圧力なんだと思えばいい。消える事はないから。


最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや