ヒトは優秀な家畜である

「自己家畜化」というワードがある。


現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。


経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考え方だ。


犬は4万年近い歴史を持つ古い家畜だし、ブタは11,000年、ヤギや羊は家畜として7,000年くらいの歴史を持っている。


いろいろな動物を家畜化して生きてきたヒトは、自分が家畜の一種であるという認識を持っていない。ヒトが農耕を始めたのは23,000年位前だ。


恐らくこの頃から「土地の所有」や「労働」という概念の原型が生まれたのだろうし、権力者/非権力者、使用者/労働者、雇用者/被雇用者という概念の原型も形成されたとのだと思う。これは端的に言ってヒトのヒトによる家畜化だ。餌を自分で取ってこなくても、畑を手伝っていれば定期的に農作物を分けてもらえる。


なので、ヒトが家畜化を開始したのは犬以外の動物を家畜化するもっと前で、ヒトの家畜化が先でそれを動物に派生させたのが本来のところなんじゃないかと個人的には思う。


そういう観点で見れば、良い会社に行くために良い学歴を獲得する事は優秀な家畜を育てるための、言うなれば松坂牛的な、アグー豚的な、阿波尾鶏的な「家畜界のサラブレッド(破綻したおした表現だけれど)」を育てる過程という事になる。


現代の超高度家畜化社会では、「真面目」「勤勉」「素直」などの言葉は、「優秀な家畜の証明」と言えるかも知れない。


経営者がよく言う「素直なやつが伸びる」なんて、ウサン臭いものである。それは黙って安い餌で労働してくれる家畜を評価しているだけなのだ。


しかし、超高度に家畜化し、ある程度平等に餌が分配されるという事は暴力や殺戮を抑制する側面もある。他者と奪い合う必要がないからだ。安全は法の基で家畜化されて初めて獲得できる。


家畜の対義語は「野生」だ。


野生動物は「真面目」だとか「勤勉」だとかの相対的評価を受ける事はない。基本的には「生きている」「生き延びる」という絶対的事実がその全てだ。なので、他人が作り出した秩序には興味がない。


遺伝子は種全体の多様性を保つので、野生に関わる遺伝子も保全されていて、そういう人は社会に適応できず抑圧に陥ったり、周囲の予想を覆して驚くような事を成し遂げたり、あるいは反社会的活動に従事するかも知れない。


家畜と野生、どちらの生き方が良いという話をしたいのではない。


ヒトは根本的に家畜化された生物だ。それを自覚する事こそが「自分の生き方」を見直す良い機会になると僕は思う。









最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや

オンライン会員の方のサービスの一つに「個別相談・コンサルティング」というのがある。 地味に結構多くの方に利用していただいていて、毎週何回かは会員の方とお話しさせていただいている。 話の内容は身体の事からキャリアの事、日常で発生する悩み、現場でのケーススタディなど様々だ。 僕自身もまだまだ道の途中の身だけれど、一応トレーナーが経験するキャリアポジションは一通り経験してきたし、離婚やら無職状態やら、ホ