top of page

パクリで有名になってどうする

核の部分の発信情報が全てパクリで成り立っているセミナー団体やオンラインコミュニティが存在するらしい。


MoveFree!も資料やワークが結構パクられているというのは会員の方からも聞いたりする。


もう10年やっているし、300人近くも会員の方がいるので、そういう話は僕のところに当然回ってくる。


昔はうわ〜嫌だなぁ…とかガチ目に思っていたけれど、最近はパクリビジネスをする人ってなんか可哀想だなぁ…と思うようになってきた。


パクリまくってまで「オレすごい」みたいに思われたいというモチベが理解できないし、結局めくれる(ガーシー風)だけなんじゃないかな。


僕は「自分で気付く、考える、生み出す、共有する」のプロセスが楽しいからずっとMoveFree!をやっているんだけど、特に「自分で気付く、考える」のステップが大切で、ここがなければMoveFree!である意味はないし、やっても仕方ないし、それができなくなったら廃業する。


だから、Labや認定コース的なプログラムは、全部「自分で調べて、考えて、共有する」というプロセス重視なものになっている。


そういう過程で得たものは自分の思考の咀嚼を受けているから自分の言葉になるし、それを経験した人がセミナーなんかをやってもきっと独創性のある面白い発信になるはずだ。


若い人達の中には目先の利益や名声を優先して、安易に丸パクリセミナーに走りたい人もいるかも知れない。


それだけは絶対にやめておいた方がいい。ちょっと聞き齧った事を自分が考え出したかのようにしても、すぐバレて悪い噂が立つ。


もしセミナーをやるなら、「自分の経験から得た気付き」を基にやった方がいい。それはオリジナリティに富んだもので、自分の言葉で発信できるものになる。


いろいろ経験して、考えて、悩んで、失敗したり成長したりする過程で、人と共有するに足るものが蓄積される。


それもないのに有名になったりすると、中身もなく自我が肥大して、パクリしかなくなって、速攻で詰む。


自分の頭で考えて、自分の足で立つ。これが一番大切な事だ。


最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

Kommentarer


bottom of page