パクリで有名になってどうする

核の部分の発信情報が全てパクリで成り立っているセミナー団体やオンラインコミュニティが存在するらしい。


MoveFree!も資料やワークが結構パクられているというのは会員の方からも聞いたりする。


もう10年やっているし、300人近くも会員の方がいるので、そういう話は僕のところに当然回ってくる。


昔はうわ〜嫌だなぁ…とかガチ目に思っていたけれど、最近はパクリビジネスをする人ってなんか可哀想だなぁ…と思うようになってきた。


パクリまくってまで「オレすごい」みたいに思われたいというモチベが理解できないし、結局めくれる(ガーシー風)だけなんじゃないかな。


僕は「自分で気付く、考える、生み出す、共有する」のプロセスが楽しいからずっとMoveFree!をやっているんだけど、特に「自分で気付く、考える」のステップが大切で、ここがなければMoveFree!である意味はないし、やっても仕方ないし、それができなくなったら廃業する。


だから、Labや認定コース的なプログラムは、全部「自分で調べて、考えて、共有する」というプロセス重視なものになっている。


そういう過程で得たものは自分の思考の咀嚼を受けているから自分の言葉になるし、それを経験した人がセミナーなんかをやってもきっと独創性のある面白い発信になるはずだ。


若い人達の中には目先の利益や名声を優先して、安易に丸パクリセミナーに走りたい人もいるかも知れない。


それだけは絶対にやめておいた方がいい。ちょっと聞き齧った事を自分が考え出したかのようにしても、すぐバレて悪い噂が立つ。


もしセミナーをやるなら、「自分の経験から得た気付き」を基にやった方がいい。それはオリジナリティに富んだもので、自分の言葉で発信できるものになる。


いろいろ経験して、考えて、悩んで、失敗したり成長したりする過程で、人と共有するに足るものが蓄積される。


それもないのに有名になったりすると、中身もなく自我が肥大して、パクリしかなくなって、速攻で詰む。


自分の頭で考えて、自分の足で立つ。これが一番大切な事だ。


最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや