シェアジム/スタジオを作る企画

店舗を借りる時は補償金や敷金、礼金、内装でバカにならない金額が必要になるので、これが「店を出す」という事の高いハードルになる。


本当は独立したい、へんな慣習の中で働きたくない、職場の人間関係がキツい、自分の場所がほしい。でも、出店のハードルが高い…という人はたくさんいるのではないだろうか?


もし、そのハードルを少しでも下げる事ができたらどうだろう?


例えば10人が集まって一つの物件を借りて、それぞれが独立採算性で自由に働く。


仮に1人3万円/月を家賃として支払う事にすれば、30万円のそこそこ広い店舗物件を都内でも借りる事ができる。人が集まれば集まる程、それぞれが支払う家賃は安くなる。


1人で店舗を出す、家賃を払い続けるのは大変だけれど、みんなでシェアしてしまえばかなり低いリスクで「店を持つ」事ができるようになる。


ジムやスタジオの空き時間をシェアしている経営者は結構いるけれど、借りる側としてはどうしても時間の制約を受けやすい。


いっそ、みんなで一つのスペースをシェアして、それぞれがそれぞれのやり方で仕事をすれば良い。


誰か一緒にこの企画実行してくれないかな。

絶対面白いと思う。

最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや