top of page

サービスをする側、受ける側

この何年かは、自己資金か何らかの資本を援助されてジムを出すという人達が多い。実際にそういう人達に相談されたりする事も多々ある。


話を聞いていてしばしば思う事がある。例えば月に会員さんが支払う予想単価の想定がジムの経営には必要になる。月3万円、月5万円、様々な単価設定がある。


最近は富裕層狙いが多くて、月3万円以上の月会費+パーソナルフィーのような設定はザラだ。


そんな話を聞くと、いつも同じ質問している。「君は月に3万円以上のサービスを継続的に受けた事、ある?」と。そう聞いて、「ある」と答えたトレーナーは、1人もいない。


「じゃあ、月3万円以上払って受けられるサービスって、君のジム以外にどんなものがあるの?」と聞いても、ほとんどのトレーナーが答えられない。


答えられないという事は、価格設定のステップを踏むときに「サービスを受ける側の利益」を考慮していない事を表しているし、「経営者側の都合」しかそこには反映されていないという事が露見している。


固定費、変動費の総和からして客単価は3万だ!ビジネスするなら金持ち狙いだ!みたい決め方をしていたら、ビジネスは長くは続かない。そもそも、そういう貧乏根性丸出しの商売にお金持ちは寄り付かない。


月3万円のサービスを買った事もないし、できない人間が、その重みも分からずダイエットブームに乗って安易に人から時間と金を奪おうとする。そういう風に見られたら、終わりだ。


例えば月3万円をジムだけに支払う人達が、どんな年収、月収で、どんなライフスタイルを送っているのか?どんな所に住んでいるのか、どんな車に乗っているのか、どんな服を買って、どんなところでご飯を食べるのか?どんな仕事をしているものなのか?そういう人達は何にお金を支払うものなのか…そういう事を知ろうとする努力は大切だ。


客観的に自分の提供するものの価値を考える事はとても大切なんだと思う。安くてもいいものもある。高くてもダメなものもある。価値と値段が釣り合えば、単価は高くても実際には安いものもある。単価が安くても、価値がないものは実際には高くなる。


サービスの価値を知るために1番手取り早いのは、自分でいろいろなサービスを受けてみる事だ。しょうもないパクリ高額セミナーに高い金を払うくらいなら、リッツカールトンに泊まる方が勉強になる。


なんて言うと、あまりいい顔はされないんだろうけど。


最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

Kommentare


bottom of page