そんなウォーミングアップいる?

 様々な競技の様々なカテゴリーに帯同しますし、してきました。自分自身も様々なスポーツを行ってきました。不思議なのは、全然違う性質を持った競技でも、同じようなアップをしているチームが多い事多い事、驚きます。体幹みたいなのやって、EXOS風のストレッチというか、あーいうやつやって、変な股関節強調運動やって(協調ではない)…

 筋肉と関節だけでアップを考えていると言うか、セグメント思考と言うか、盲目的追従または思考停止なのか、競技特性とか動きに伴う感覚とかは全く考慮せず、いかにもアメリカから来ました的でそれっぽくて、実は中身がなく、そしてやたら長いものが多い。ラケット持ってやる競技なら最初からラケット持って、クロス持つ競技なら最初からクロス持って、ヒトを扱う競技なら最初からヒトを扱うとか、感覚入力から筋肉をアップするとか、もっといろいろ工夫があるんじゃないのかね。

 やってみて、考えて、改善して、意味のあるものにする。その過程があったなら良いけれど、恐らくそんな事考えてはいないだろう。

 なぜ他人の言った事を無思考・無試行・無指向に行えるのか。「自分で考える力」を大学でも、専門学校でも教えた方が良いんじゃないかな。資格のための勉強なんて、ちょっとで良いんだよね。それよりも伝えるべき大切な事、たくさんあるよね。「先生」なんて呼ばれるんだから。

 トレーナーの教育課程では技術とか、知識とか、試験に受かるとか、やりたい仕事だとかを世話するのかも知れないけど、それは全部「自分で考える力」が育って初めて手に入るものなんじゃないの。

 自分が行う事は、自分そのもの。そんな思いを感じられるアップを見たいね。

最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや