いろんな「命」

生まれる時、「生命」を得る。


生まれる場所、時代、親、これらは全て選ぶ事ができない「宿命」だ。


それぞれが生まれた環境で生きていくうちに、人や機会との出会いが運ばれてきたり、自ら動いて機会を得る事もある。これを「運命」と言ったりする。


運命的な人や機会と出会ううちに、、何に限りある命を使うか、何のために生きるのかに気付いて、「使命」を発見していく。文字通り、命を何に使うのか、明らかになる時が来る。そしてそれがさらに「運命」を加速させていく。


使命に気付いて、限られた生命の時間を毎日「必死」に生きて運命を重ねていくうちに、抗えない時代の波やコントロール不能な天災、または九死に一生を得るようなイベント、信じられないような奇跡といった「天命」に遭遇したりもする。


そんな風に日々に自分の命を生きて、やがて満たされながら終わりを迎える。これが祝福された最期、「寿命」。「絶命」と言う言葉もある。


そして地面に還って水や土、空気に還元されて、地球に戻っていって、いつか何かの命の一部になる。これが本来の仏教が言う「輪廻」だったりする。


「命」の中で、最も大切なのは「使命」だと個人的には思う。


僕らはみんな生きている。そしていつか死ぬ。

いつ生まれて、いつ死ぬのか、なぜか命の主人公の僕らには選べない。これだけは真に公平で、全ての命に共通だ。


選べるのは、「何に命を使うか」だけだ。

学び、経験し、失敗し、成功し、自分の命をどう使うのか決めていく。命の決定力的なものが、めちゃくちゃ大切だと思う。


他人の言う事やありもしない常識に自分の命を預けずに、自分の心と身体で命の使い方を決められれば、後悔のない生き方ができるんじゃないだろうか。


いつかどうせ地球の一部に戻るんだから、良い命の使い方をしたいな、といつも思う。







最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや