いつかは死ぬ

更新日:6月22日

誰でもいつかは死ぬ。


生物の多様性は計り知れないが、全ての命が生まれて、そして死ぬ事だけは確かだ。


また、いつ生まれいつ死ぬか、これを自ら選択できる生物は不思議な事に存在しない。


生まれて死ぬ事は分かっているが、それがいつなのか、どこなのかは誰にも分からない。


それは運命や使命と呼ばれるべきもので、生死の時や場所を我々は知る由もない。


だから、我々には生まれてくる命を祝福する事と、死にゆく命との日々を大切にする事しか出来ない。そして、生まれた時代、場所で文字通り一生懸命に生き、死んでいくしかない。


生物の多様性や進化を学ぶと、そんな当たり前の事に気がつく。



最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや