「治療家」とか名乗る事自体結構ヤバいよ、という話

更新日:6月22日

ケガをした人の社会復帰にちゃんと向き合ってきた人なら分かると思うが、「治療家」とか名乗るのはヤバいよね、と言う話。


障害/傷害のいずれにせよ、運動が破綻する、もしくは破綻した結果としてそれが発生する。


なので、セラピストにとって傷害部位の治癒だの治療だのというのは仕事のほんの一部で、ほとんどが運動再学習、それが仕事の本分になる。


局所の治療が大切だと言うならUS、マイクロカレント、ハイボルだのたくさんある(嘘臭い物療もたくさんあるけど)。


変な手技や訳の分からんキネシオテープや円皮鍼をやるより、物理的に適切な処置を行った方がよほどマシ。


なんなんだろうね?ケガの後の網目みたいなキネシオとか。急性損傷箇所にインストゥルメントをゴリゴリ当てるとかね。あーいうの本当にヤバいよね。それよりまず圧迫しろや、お前の手技より超音波だ、と。


とりあえず鉄でコスる、とりあえず鍼を打つ、とりあえずゴムバンドで巻く、とりあえずカッピング…炎症反応がバンバン出てるとこでもお構いなしとか、本当にどうかしてると思う。


その機序、分かってる?と問いたいし、組織の治癒過程とか勉強しようね、と思う。


そもそも本当に大切なのは、傷害に至る原因分析だし、それに基づく運動再学習にある。


治療機序も理解してない、治癒過程も知らん、運動学習も理解してない。そんなのがウヨウヨしている。それが徒手療法界、治療家界だと思われてしまっても仕方ない現状。


「治療」という極々一部分に拗らせて専門家を名乗る事自体、大切な事を理解してない感を感じてしまう。


そんなのばかりだから差別化しやすいとも言えるんだけどね。

最新記事

すべて表示

仮説の立た方には、大きく分けて二つある。 それは帰納(きのう)か演繹(えんえき)である。 もうこの時点でページを閉じようとする人も多いだろう。 だが、私達トレーナー、セラピストの仕事のコアは基本的に仮説の立案とその検証にあるので、ページを閉じたくなるような人は他人の健康に関わる仕事はしない方が良いだろう。論理的思考ができない人にこの仕事は務まらない。 仮説がちゃんと立てられるだけで、仕事の95%は

また熱が出たので2月以来のコロナかと思いきや、いつまで経っても陰性なので違うらしい。 一種の過労? 気付けば4月から1日も休まず働いて運動して勉強してたので、少し疲れてたのかも知れない。 もう今年で42歳だから、衰え