top of page

「治療家」とか名乗る事自体結構ヤバいよ、という話

更新日:2022年6月22日

ケガをした人の社会復帰にちゃんと向き合ってきた人なら分かると思うが、「治療家」とか名乗るのはヤバいよね、と言う話。


障害/傷害のいずれにせよ、運動が破綻する、もしくは破綻した結果としてそれが発生する。


なので、セラピストにとって傷害部位の治癒だの治療だのというのは仕事のほんの一部で、ほとんどが運動再学習、それが仕事の本分になる。


局所の治療が大切だと言うならUS、マイクロカレント、ハイボルだのたくさんある(嘘臭い物療もたくさんあるけど)。


変な手技や訳の分からんキネシオテープや円皮鍼をやるより、物理的に適切な処置を行った方がよほどマシ。


なんなんだろうね?ケガの後の網目みたいなキネシオとか。急性損傷箇所にインストゥルメントをゴリゴリ当てるとかね。あーいうの本当にヤバいよね。それよりまず圧迫しろや、お前の手技より超音波だ、と。


とりあえず鉄でコスる、とりあえず鍼を打つ、とりあえずゴムバンドで巻く、とりあえずカッピング…炎症反応がバンバン出てるとこでもお構いなしとか、本当にどうかしてると思う。


その機序、分かってる?と問いたいし、組織の治癒過程とか勉強しようね、と思う。


そもそも本当に大切なのは、傷害に至る原因分析だし、それに基づく運動再学習にある。


治療機序も理解してない、治癒過程も知らん、運動学習も理解してない。そんなのがウヨウヨしている。それが徒手療法界、治療家界だと思われてしまっても仕方ない現状。


「治療」という極々一部分に拗らせて専門家を名乗る事自体、大切な事を理解してない感を感じてしまう。


そんなのばかりだから差別化しやすいとも言えるんだけどね。

最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

Comments


bottom of page