top of page

「イノベーションを起こしたい」とかなに?という話

いわゆるGAFAの創業者達は、生活が一変するくらいのイノベーションを僕達の生活にもたらしている。10年前とは明らかに生活や仕事の便利さが違う。


これもまた本質の一つだよな〜と思うのは、GAFAの創業者達は圧倒的イノベーションを社会にもたらしたにも関わらず、「イノベーションを社会にもたらす事」を企業活動のテーマにしていない事だ。


自分達のサービスを追究する事がそもそもの目的で、その結果としてイノベーションが起きただけで、イノベーションを起こす事を目的にサービスを生み出したのではない。


世界1の検索エンジンを作りたいとか、機能もデザインも洗練されたパソコンを作りたいとか、そうした自分達のプロダクトに対する情熱が先立っていて、「イノベーション」は単なる結果だ。


トレーナー界隈にも「トレーニングの既成概念を変える」とか、「日本のトレーニング界を変える」とか、「トレーナーの社会的価値を向上する」とか、「トレーナーの認知度を向上する」とか、「トレーナー教育を変える」とか、こうした「大きな言葉」を言う人達はたくさんいる。


そして、こういう事を言う人達は往々にして優れたプロダクトを持っていないし、独自の発想や技術も、その言葉を実現する施策も持ち合わせていない。


創造性なくしてイノベーションなど起こり得ないにも関わらず、そういう人達は二次情報、三次情報に高値をつけて売っているのが関の山だ。創造性の追究にはそもそも興味がない。


トレーナー界隈の人間で、自分の仕事の目標を人に紹介する時に「既成概念」とか、「社会」とか、「革新」といった曖昧な大きな概念が真っ先に出てくるようなヤツは、だいたい中身がないヤツである場合が多いな〜、なんて思う。


自分のやりたい事を仕事にしながらご飯を食べるために毎日がんばってます。やりたい事は運動の楽しさを知ってもらう事です、とか、トレーニングの面白さを知ってもらう事です、とか。それが普通でしょ。


毎日ご飯を食べていくためにトレーナー業界にイノベーションを起こしたいんですよね〜って、えっ?どういう事?ってなりますよね。


実像と乖離した大きな目標よりも、一隅を照らすような小さな目標で自分のやりたい事を説明できるようになった時、「自分のやりたいことが分かった」と言えるのかも知れない。


最新記事

すべて表示

頑張れ

セミナービジネスをやっているトレーナーさんのほとんどが、ちゃんとトレーニングをしている訳でも、身体の扱いが上手い訳でも、臨床を突き詰めている訳でも、スポーツ現場で日々悪戦苦闘している訳でも、研究の大変さを日々感じている訳でも、パーソナルトレーニングを月300本やっている訳でも、新しい知見を創造している訳でもないんです。 知識の盗用・剽窃をして安易にお金を稼ぐ方法を知って、甘い汁を吸っているだけの人

違うヒト達

もう20年もトレーナーという仕事をしていると、知り合いも同じ業界の人ばかりになってしまう。 でも、プライベートで同じ業界の人ばかりと関わっていると視野が狭くなってきてしまう部分がある。 なので、プライベートでは動物とか、空間デザインとか、建築とか、服飾とか、カメラマンとか、心理職とか、格闘家とか、植物の専門家とか、「トレーナー」という仕事とは直接関係ない人達と交流するようにしている。敢えてそうして

狂気であれ-吉田松陰の言葉-

世の中にいろいろな仕事がある中で、トレーナーという仕事を選択する人というのはどこか常識に縛られないと言うか、ある意味では社会に適応的ではないと言うか、まあ簡単に言えば少しはまともじゃない所があると思う。 トレーナーの仕事を全うして社会的に成功して人生を終えたとか、幸福な一生を送ったという人は、ほとんどまだこの世にいない。 あと10年したらそういう人が現れてくるだろうけれど、今はキャリアパスやロール

Comments


bottom of page