「うちのやり方」なんてどうでもいいという話

よく、「うちのやり方を覚えてほしい」とか、「うちの考え方に沿ってやって欲しい」とか、ジムにしろ治療院にしろ、小さなコミュニティになるとそういった「うちのやり方」を尊重してほしがる人が増えたりする。


「うちのやり方」などというものは、本当はこの世界には実存しない。


自分の権威や利権、既得権、利益などを保守しようと試みる時に、実際にはありもしない「何か」を、人は存在するように信じたり、そうであるように見せかけたりするものだ。


目的に対してより効果が高いもの、より顧客のニーズに対して最短距離なものを提供するのが仕事なのであって、「ウチのやり方」という拘りなど、本当にどうでもいい。


知識や経験、思考が少ないほど、拘りが増えたりするものだ。拘りが強い職人は、実は多様な知識や経験、思考が少ないとも言える。また、それらが少ない事を自覚している人間は、往々にして「ウチのやり方」といった本来どうでもいい権威を作りたがるものだ。


最新記事

すべて表示

心理学部の授業が始まる。 コロナのおかげでオンライン化が進んだからなのか、授業開始も柔軟みたいだ。 率直に言って、結構ビビっている。 新しい山にゼロから登るのは不安だし、心理という山に、「身体」という山に登る時のこの気持ちを同じように持つ事ができるのかも分からない。 2年くらい前に公認心理師という国家資格ができて、これを受験するには修士課程にまた行く必要がある。資格コレクターじゃあるまいし、そこま

「自己家畜化」というワードがある。 現代のヒトの生き方は究極的には家畜であるし、自ら望んで家畜化している。むしろ「社会」は家畜同士の合意で成り立っているという考え方だ。 経済という餌のもと、定期的に配布される賃金という名の餌、労働によって決定される居住や出産、死。それは究極的には家畜化と大差ない。定期的に放牧される家畜とヒトの違いは、そんなに大きくないのかも知れない。と、言うのが「自己家畜化」の考

「生きながら、生かされている」という話を、高校生の時に聞いた事がある。 正直言ってその頃はちょっと何言ってるか分からない…と思ったけれど 「誰かに勝つ」「目標を達成する」と決意してオラオラァ…と事業や学問に邁進するうちに、「あいつに勝つとか、もはやどうでも良いわ」とか、「目標達成したけどもっと高い山が見えたわ。まだ全然だ俺…」という井の外を見た蛙、茹でられ始めた事に気付いた蛙になる時が、ちゃんとや